ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
湯谷昇羊 不屈の経営者【列伝】

故障がちな中古車2台で始めた貧乏運送業
アイデアと工夫で引越業界ナンバーワンに
――サカイ引越センター会長 田島憲一郎

湯谷昇羊 [経済ジャーナリスト]
【第19回】 2011年6月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

故障ばかりする中古車2台で独立した田島憲一郎は、手形商売で資金繰りに苦しむ運送業から引越専業となる。深夜、ベニヤ板で作った看板を自ら電柱に取り付けるなどの苦労をしながらも、様々なアイデアと工夫で業績を伸ばしていった。そして悲願の大証上場を果たす。ところがその直後、驚天動地の出来事が憲一郎を襲う。運送委託業者の無許可容疑で大阪府警の家宅捜索を受けた。悪いことは続く。今度は労働基準法違反容疑で大阪労働局の立ち入り検査を受けたのである。

34歳で独立も資金繰りに苦戦
妻・治子はツケで買い物をする日々

サカイ引越センター・田島憲一郎会長

 5人兄弟の長男だった田島憲一郎は、1971(昭和46)年、34歳で独立した。父親の運送会社・新海商運の堺営業所としてのスタートだった。当時は許認可が厳しく、容易に運送業の免許は下りない。だから独立といっても新海商運の看板が必要だった。新会社のスタートといっても華々しいものではない。妻・治子が幼い子ども2人を抱えて手伝うだけ。賃貸住宅兼店舗でひっそりと始めた。あるのは「父親からもらったつぶれそうな中古車2台だけ」(憲一郎)だった。

 この中古車が毎日故障した。故障したクルマを夜中に修理し、昼は周辺の企業を訪問、営業に奔走した。ようやく新規の取引ができたと喜んでいたら、同業者が台帳持参でやってきて「この会社は10年も前からのお客さんだから返してほしい」と言ってくる。憲一郎は自分でドライバーもしたが、仕事があるときは知り合いに頼んで手伝ってもらっていた。

 法人相手の運送は、代金の半分は現金でもらえるが、残り半分は約束手形だった。だからいつも資金繰りに苦しんだ。父親は資金の面倒は一切見てくれなかったが、保証人にはなってくれた。それでも銀行はおカネを貸してくれなかった。憲一郎は銀行の応接室ではなく、カウンターであしらわれたことが忘れられない。妻の治子は、近所の八百屋に月末払いの約束をし、つけで買い物をする苦しい日々が続いた。

現金商売ができる引越業開始
ニュータウン入居増加が追い風に

 当時、堺泉北臨海工業地帯が拡大を続けていたことから、大企業の下請や協力会社の仕事を受注して仕事は増えていったのだが、資金繰りに喘いでいる状態に変わりはなかった。仕事が増えて従業員を雇うようになると、治子はいつも従業員の給料や支払いに頭を悩ませていた。そこで憲一郎は、企業相手の仕事がない土日に引越をすることを思いついた。独立して3年後、74年のことだった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
巨龍に挑む 中国の流通を変えたイトーヨーカ堂のサムライたち

いまでこそ消費大国となった中国だが、1990年代半ばはまだ「未知数の国」だった。商慣習の違い、根強い反日感情、モラルの欠如、大地震等の災害……想像を絶する苦難の数々。それを乗り越えていくイトーヨーカ堂社員の姿は、やがて地元の人たちの心をつかんでいく。湯谷昇羊の最新刊。1680円(税込み)

話題の記事

湯谷昇羊 [経済ジャーナリスト]

経済ジャーナリスト。鳥取市出身、1952年生まれ。法政大学経済学部卒業。1986年にダイヤモンド社入社、2004年週刊ダイヤモンド編集長。2007年営業局長兼論説委員、同年取締役。2008年同社退社。2000年に立命館大学客員教授として教鞭をとる。主な著書に、「迷走する銀行」、「生保危機の真実」、「会社再建」、「立石一真評伝 『できません』と云うな」(いずれもダイヤモンド社刊)、「サムライカード、世界へ」(文春新書)などがある。最新刊は『巨龍に挑む 中国の流通を変えたイトーヨーカ堂のサムライたち』(ダイヤモンド社刊)。


湯谷昇羊 不屈の経営者【列伝】

経済危機後の今も好調・堅調な業績をあげる経営者たち――。しかし、彼らは順風満帆にこの地位を築いてきたわけではない。どのように逆境を乗り越え、成功を導いてきたのか。経営者たちの「不屈の精神」に迫る。

「湯谷昇羊 不屈の経営者【列伝】」

⇒バックナンバー一覧