HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

ビジネスパーソンのための健康ラボ

ニンニクは「食べる降圧剤」。血圧を下げる効果あり

竹内有三 [医療ジャーナリスト]
【第41回】

ニンニクには、一般的な降圧剤にも劣らないほど、血圧を下げる効果があることがわかりました。ニンニクの臭い成分の中に、血液の凝固を防ぐ働きがあるとのこと。抗血栓作用、すなわち高血圧対策には、食べ方として生ニンニクのスライスやすり下ろしが効くようです。

 古くから“食べるクスリ”として健康づくりに活用されてきたニンニクですが、ここにきて改めてその評価が高まってきています。

 とりわけ注目されているのが高血圧など循環器系疾患に対する予防・改善効果。オーストラリア・アデレード大学の研究グループも2009年に「ニンニクには降圧剤並みに血圧を下げる効果が期待できる」として、著名な医学専門誌に研究結果を発表しています。

 報告によれば、高血圧患者にニンニクのエキス(栄養補助剤)を1日あたり3.6~5.4㎎服用してもらったところ、最大血圧が平均8.4㎜Hg、最小血圧が平均7.5㎜Hg下がったとのこと。これは一般的な降圧剤にも劣らない効果といいます。

 もともとニンニクが心臓など循環器系の働きを促進する作用のあることは科学的にもかなり解明されていましたが、今回の研究もそれを裏付ける結果になったわけです。

1 2 >>
このページの上へ

竹内有三 [医療ジャーナリスト]


ビジネスパーソンのための健康ラボ

メタボリックシンドローム、生活習慣病、メンタルヘルスと、ビジネスパーソンにとって健康の悩みは尽きることがありません。毎回1つのキーワードから、健康について考えます。

「ビジネスパーソンのための健康ラボ」

⇒バックナンバー一覧