ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
日本総研 「次世代の国づくり」

合意形成スピードアップで地域の緩慢な死を防げ
政府はカネ、ヒトの支援と手続きの一本化に徹せよ
――日本総合研究所上席主任研究員 多門勝良

多門勝良 [日本総合研究所上席主任研究員]
【第4回】 2011年6月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

立ち遅れが目立つ中央の復興論議
政策ツールの具体化を急げ

 震災発生から早や3ヵ月を経過したが、いまだ復興の具体案が定まらない。百家争鳴の姿を呈している復興論議の中でも、かまびすしく聞こえてくるのは霞ヶ関の組織論や財源論ばかりである。

 5月に日本総研では「復興構想の早期実現を可能とする枠組みづくりを急げ」と題して、画餅の理想論や屋上屋を重ねる新組織ではなく、被災自治体がスピードを上げて復興事業に取り組める実用的なツールを、早期に打ち出すよう提言したばかりだが、現実はどうか。

 今国会に提出された震災復興の関連法案は、特例公債や税制改正等の財源関連を含めて約20本。このうち現時点(6月6日)で成立したのは、被災土地家屋の課税免除や地方選延期、旅券手数料免除など半分程度であり、いずれも被災実態に応じて当面の対応を取ったに過ぎず、本格復興を加速する政策措置ではない。

 復興基本方針や組織を定める復興基本法案や、被災地金融機関に公的資金を投入する金融特措法改正などは、なお審議途上にある。報道各社の世論調査でも、阪神・淡路大震災と比較して復興策の遅れを指摘する声が大きい。

 本来であれば、年明け以降の本格的な復興再生を見据えて、2次補正や次年度の概算要求に全力で取り組むべきこの時期にきても、早期復興を後押しする枠組みや支援制度が出揃ってこないのは、いかにもスピード感に欠けるうらみがある。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

多門勝良 [日本総合研究所上席主任研究員]

たもん かつよし/1966年生まれ、90年3月東京大学法学部卒、4月旧運輸省入省、95年OECD(経済協力開発機構)派遣、2001年国土交通省政策課補佐、04年同政策統括官補佐、05年長崎県理事・政策監、09年国土交通省航空局管制保安部室長を経て、10年9月から現職。

日本総研 「次世代の国づくり」

日本はまさに歴史の転換点にたっている。この認識に立ち、日本総研は2009年より「次世代の国づくり」をテーマに活動している。その活動の一環として09年3月より報道関係者を対象とし、勉強会を開催してきた。本連載は11年度に開催する勉強会の内容を基に、日本総研の研究員が総力を結集して、次世代の国づくりに向け、多岐にわたるテーマを提言していく。

「日本総研 「次世代の国づくり」」

⇒バックナンバー一覧