ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
頼りになる書店員さん
【第7回】 2011年6月17日
著者・コラム紹介バックナンバー

ブックファースト渋谷文化村通り店 佐藤祥さん(前編)
「誰に読んでほしくて、ここに置いているのか」
すべての本にはそこにある意味がある!

1
nextpage

「とにかく1冊1冊を大事に売ってくれる書店員さん」。それが、ブックファースト渋谷文化村通り店の佐藤祥さんです。お話を伺っていると、その細やかな気配りは、商品はもちろん、お店づくりやマネジメントにまで及んでいることがわかりました。前編では、そのこだわりの一端をお伺いします。

書店員の仕事のうち、
表から見える仕事は2割くらい

――書店で勤められてどのくらいになりますか?

ブックファースト渋谷文化村通り店の佐藤祥さん。お店の様子から、細やかなところにまで気を配っているのがわかる。

佐藤 アルバイトの時代からブックファーストにお世話になっています。最初は青葉台店に勤務していましたが、その頃から数えると、5年くらいになります。渋谷文化村通り店に来たのは、2010年の9月からです。

――書店を選んだきっかけってありますか?

佐藤 単純に本が好きだったんです。今はビジネス書をやらせてもらっていますけど、最初は文芸をやりたくて。せっかく本屋で働くなら、小説をやってみたくて。だからアルバイトのときは文芸をやっていました。ただ実際に書店で働き始めてみると、自分には馴染みのないジャンルもありますし、文芸と言っても幅広いんですけどね(笑)。

――そうだったんですね。好きな作家さんは?

佐藤 佐藤賢一さんとか、司馬遼太郎さんとか。歴史ものが好きです。佐藤賢一さんだと『双頭の鷲』がすごい好きで。

――実際に好きな作家さんの本を並べたりできたんですね。では、書店で働きはじめて、一番ギャップを感じたのってどういうところですか?

佐藤 とにかく忙しい(笑)。自分が買う側の立場だったときには、レジで接客していたり、棚で作業をしている書店員の姿を思い浮かべていたんですけど、見えない裏の部分ではダンボール箱を何箱も運んだりとか、とにかく忙しい。割合にすると8:2でしょうか。ウラというか、見えていないところでの仕事の方が圧倒的に多いですね。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR



頼りになる書店員さん

毎日、多くの読者と多くの新刊に接する書店員さんは、編集者にとって不可欠な存在です。
仕事で直接つながりはないものの、日々、多くの意見を頂戴し、書籍作りの貴重なパートナーにもなっていただいています。
本連載では、ダイヤモンド社の書籍編集者が、日々、頼りにしている書店員さんをおひとりずつご紹介します。

「頼りになる書店員さん」

⇒バックナンバー一覧