ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
夢のハワイ移住&ロングステイ計画
【第11回】 2007年12月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
並木浩一 [ダイヤモンド社 編集委員]

「住むハワイ」を体験する【後編】

1
nextpage

前回の『「住むハワイ」を体験する【前編】』では、ハワイに生活するための情報収集についてご紹介しました。そして、今回の【後編】では、実際に「住むハワイ」を体験するうえで、滞在期間(1週間~1ヵ月/1ヵ月~3ヵ月/3ヵ月以上)に応じたポイントをご紹介します。

1週間~1ヵ月間滞在してみる

 ハワイ滞在の経験がある人もない人も、まずは1週間から1ヵ月間、ハワイで『生活する』視点で滞在してみましょう。3ヵ月以内ならば、ビザを取得する必要はありません。また、手配も面倒はありません。旅行会社の「コンドミニアムに滞在するハワイ」のようなツアーか、あるいは手配旅行でいいでしょう。

 重要なのは、自分の「キッチン」を確保することです。これがあるのとないのとでは、生活の質が全く変わってきます。つまり、衣食住の『食』から見た日常の生活=どんなものが食べられるのか、その材料はどこでいくらで手に入るのかを知るためには、キッチンが必要なのです。

 旅行会社で宿泊先を選択する場合には、『フルキッチン』付きの部屋に泊まるようにしてください。コンドミニアムやキッチン付きホテル(アウトリガー系列のホテルにはよくあります)でも、キチネットと呼ばれる簡易キッチンの部屋と、すべてが完備されているフルキッチンの部屋があります。キチネットでは簡単なことしかできないので、フルキッチンを選んでください。

 滞在中は、『食』の生活体験をしてみましょう。食材の買い出しから料理、後片付けまで、ハワイ流に慣れるチャンスです。

 買い出しは、ワイキキのホテル地区のスーパー(観光客にお馴染みのABCストアや、24時間営業の『フード・パントリー』)ではなく、あえて現地の人も足を運ぶスーパーマーケットに出かけてみましょう。

 スーパーの『ダイエー』や『マルカイ』なら、日本の食材がなんでも手に入ります。どちらも、アラモアナ・ショッピングセンターから歩いてもすぐ。ワイキキ・アラモアナ地区のどこのコンドミニアムからでも歩いて行けないことはありません。楽をしてバスで行くこともできます。

 山ほど買い込んだ帰りは、タクシーで戻っても5~8ドルといったところ。タクシーはスーパーの前にいつでも待機しています。レンタカーがあればさらに楽ですし、それならば足を伸ばしてニミッツ・ハイウェイの『ビッグKマート』をめざしてもいいでしょう(ただし、生鮮食品はありません)。こちらは巨大な、まさにアメリカのスーパーマーケットです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR

    スペシャル・インフォメーションPR

ダイヤモンド・オンライン 関連記事
世界標準の子育て

世界標準の子育て

船津徹 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年7月

<内容紹介>
勉強ができて、人に好かれて、心の強い子が育つ! アメリカを拠点に20年以上教育に携わり、4,000人超のグローバル人材を輩出したきた著者が送る子育てノウハウ。米国、英国、北欧、アジアなど、世界各国の子育て事情をふまえて日本人向けに体系化!0歳〜18歳まで全年齢対応、子育て本の決定版です。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、7/16~7/22)



並木浩一 [ダイヤモンド社 編集委員]

1961年生まれ。青山学院大学フランス文学科卒、放送大学大学院修了、修士(学術)。編集者・執筆者として長年資格取得のテーマを手がけ、関連の著書に「最新 資格の抜け道」、共著に「『資格の達人」「税理士試験免除マニュアル」(いずれもダイヤモンド社刊)がある。


夢のハワイ移住&ロングステイ計画

「いつかはハワイに住んでみたい」そう思う人は多い。でも実際に「住む」となると何をどうしたらいいのか。ハワイ暮らしを実現するための必要な基礎知識を伝授します。

「夢のハワイ移住&ロングステイ計画」

⇒バックナンバー一覧