ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
著者×著者
【第2回】 2011年6月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
朝倉智也,深田晶恵

2人の「お金のプロ」がこっそり明かす
うまい話にだまされるな! 
金融商品との正しい付き合い方
朝倉智也×深田晶恵 特別対談~ 30代のための「お金」の新常識!

1
nextpage

30代に向けて同じ時期に本を上梓した、資産形成のプロである朝倉智也さんと、家計診断のプロである深田晶恵さんの対談2回目。
前回は「残念なお金の習慣」について語っていただきましたが、今回は資産形成をする場合に、絶対に知っておきたい金融商品との付き合い方を語っていただきました。おふたりの意見は意外にも一致!?

「市場環境がよければ儲かる」わけでない!

――前回は、20~50代の「世代別に見る残念なお金の習慣」について伺いました。保険や住宅ローン、投資信託などの金融商品を上手に使いこなせない人が多いようですが、金融商品と付き合っていくうえでどんなことを心に留めておくべきでしょうか?

朝 倉智也(あさくら・ともや) モーニングスター株式会社 代表取締役COO。1989年慶應義塾大学文学部卒。銀行、証券会社にて資産運用助言業務に従事した後、1995年米国イリノイ大学経営学修士号取得 (MBA)。その後ソフトバンク株式会社財務部にて資金調達・資産運用全般、子会社の設立および上場準備を担当。1998年、モーニングスター株式会社設 立に参画し、米国モーニングスターでの勤務を経て、2004年より現職。第三者の投信評価機関として、常に中立的・客観的な投資情報の提供を行い、個人投 資家の的確な資産形成に努める。 著書に『投資信託選びでいちばん知りたいこと』、『投資信託選びでもっと知りたいこと』(ともに武田ランダムハウスジャパン)がある。 twitter:http://twitter.com/tomoyaasakura

朝倉 まず、投資信託などの値動きのある商品で資産運用をするには勉強が必要だということを知っておいていただきたいですね。

 株や投信について「市場環境さえよければ儲けられるものだ」と考えている方もいると思いますが、マーケットが盛り上がっている時こそ注意が必要です。

 例えば2006年に起きたライブドア・ショックでは、株式市場の盛り上がりにつられて退職金をすべてライブドア株につぎ込み、大損してしまった人もいました。一方、ここ数年のような厳しい市場環境下であっても、運用についてきちんと学び、分散投資を実践して、資産を殖やしている人もいるわけです。

深田 本当は、今のように市場が低迷しているタイミングこそ投資の始め時なんですよね。私はよく、「女性誌が株式投資の特集を組んで、『口紅を選ぶように株を選んでみて』などといった見出しが躍るようになったら、要注意!」と言っているんです。

 普段は株のことを取り上げないメディアが騒ぎ始めたら、市場のピークが近いということですから、手を出すと“高値づかみ”になる可能性が高くなってしまうのです。

朝倉 人は、景気が良さそうな話にはつい目を向けてしまいがちですからね。

 例えば、営業マンから「新商品が出ました」と新規設定ファンドを勧められたり、「この投信はいまが旬の『環境』をテーマに組み入れ銘柄を選定するので、成長が期待できますよ」などと説明されたりして、「儲かりそうだから」と買ってしまうケースは少なくないでしょう。

 しかし、新規設定ファンドは運用実績がわからず判断材料に乏しいので、手を出すべきではありません。いわゆる「テーマ型ファンド」も、個人投資家が注目する頃にはすでに関連銘柄が値上がりしていて、買った途端に価格が下がることが多いんです。

深 田晶恵(ふかた あきえ) ファイナンシャルプランナー(CFP)、(株)生活設計塾クルー取締役。外資系電器メーカー勤務を経て96年にFPに転身。現在は、特定の金融機関に属さ ない独立系FP会社である生活設計塾クルーのメンバーとして、個人向けコンサルティングを行うほか、メディアや講演活動を通じて「買い手寄り」のマネー情 報を発信している。15年間で受けた相談は3000件以上。「すぐに実行できるアドバイスを心がける」のをモットーとしている。日本経 済新聞夕刊、日経WOMAN、日経ビジネスAssocie等でマネーコラムを連載中。おもな著書に『住宅ローンはこうして借りなさい・改訂3版』(ダイヤモンド社)、『女子必読!幸せになるお金のバイブル』(日本経済新聞出版社)などがある。
所属先:(株)生活設計塾クルー http://www.fp-clue.com/
ブログ:「お金のおけいこ」http://www.akie-fukata.com/
twitter:http://twitter.com/akiefukata

深田 近年、私が懸念しているのは、銀行の投信など金融商品販売担当者の知識が不十分なことです。若手行員と話してみると、金利と債券価格の関係など、金融業界で働くうえで基礎知識といえることすら知らない人もいます。彼らが研修で教えられるのは、商品の売り方ばかり。

 それはそうです、運用会社や保険会社が無料で自社商品の販売研修をするわけですから。以前のように金融の基礎知識の教育を十分に受けられない現場の若手行員も気の毒だと思います。

 しかし、個人投資家への的確なアドバイスができる行員はごくわずかと思われるので、「銀行で投信や保険商品を買うのは避けたほうがいい」と言わざるを得ません。

朝倉 確かに、営業マンが商品の仕組みを理解しないまま、「今一番売れています」「高い分配金が出ています」などと言って投信を売るケースもあるようです。

 もともと投信は長期でじっくり資産を形成するための商品なのですが、金融機関のセールストークにつられ、流行りの投信に次々と乗り換える個人投資家も少なくないのが実情ですね。

深田 1998年に投資信託の銀行窓販が解禁されるまで、投信を買うのは「投資が大好き」というごく一部の人でしたよね。今では銀行でも郵便局でも投信を売るのが当たり前になりましたが、冷静に考えると、投信が身近なところで販売されるようになって10年ちょっとしか経っていないんです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


朝倉智也(あさくら・ともや)  [モーニングスター株式会社 代表取締役社長]

1989年慶應義塾大学文学部卒。銀行、証券会社にて資産運用助言業務に従事した後、1995年米国イリノイ大学経営学修士号取得 (MBA)。その後ソフトバンク株式会社財務部にて資金調達・資産運用全般、子会社の設立および上場準備を担当。1998年、モーニングスター株式会社設 立に参画し、米国モーニングスターでの勤務を経て、2004年より現職。第三者の投信評価機関として、常に中立的・客観的な投資情報の提供を行い、個人投 資家の的確な資産形成に努める。 主な著書に『〈新版〉投資信託選びでいちばん知りたいこと』、『30代からはじめる 投資信託選びでいちばん知りたいこと』(ともにダイヤモンド社)、『低迷相場でも負けない資産運用の新セオリー』(朝日新聞出版)がある。

Twitterはこちら
Facebookはこちら

 

深田晶恵 

ファイナンシャルプランナー(CFP)、(株)生活設計塾クルー取締役。

1967年北海道生まれ。外資系電器メーカー勤務を経て96年にFPに転身。現在は、特定の金融機関に属さない独立系FP会社である「生活設計塾クルー」のメンバーとして、個人向けコンサルティングを行うほか、メディアや講演活動を通じて「買い手寄り」のマネー情報を発信している。20年間で受けた相談は4000件以上。日本経済新聞、日経WOMAN、レタスクラブ等でマネーコラムを連載、ほかにダイヤモンド・オンラインでの『40代から備えたい 老後のお金クライシス!』のネット連載も 好評。

主な著書に『30代で知っておきたいお金の習慣』、『投資で失敗したくないと思ったら、まず読む本』『住宅ローンはこうして借りなさい 改訂5版』(共にダイヤモンド社)、『共働き夫婦のための「お金の教科書」』、『図解 老後のお金安心読本』(共に講談社)他多数。
1967年北海道生まれ。外資系電器メーカー勤務を経て96年にFPに転身。現在は、特定の金融機関に属さない独立系FP会社である「生活設計塾クルー」のメンバーとして、個人向けコンサルティングを行うほか、メディアや講演活動を通じて「買い手寄り」のマネー情報を発信している。18年間で受けた相談は3500件以上。日本経済新聞、日経WOMAN、ダイヤモンド・オンライン等でマネーコラムを連載中。
主な著書に『30代で知っておきたいお金の習慣』『投資で失敗したくないと思ったらまず、読む本』、『住宅ローンはこうして借りなさい 改訂5版』(共にダイヤモンド社)(共にダイヤモンド社)、『共働き夫婦のための「お金の教科書」』『図解 老後のお金安心読本』(共に講談社)他多数。


著者×著者

書籍の書き手「著者」。このそれぞれの分野のスペシャリストが、もうひとりのスペシャリストーー「著者」と行うクロストーク。二つの個性はいかに融合し、いかにぶつかり合うのか? 書籍編集局が運営する書籍オンラインならではの特別対談シリーズです。

「著者×著者」

⇒バックナンバー一覧