ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
絶対内定
【第40回】 2017年5月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
熊谷智宏 [我究館館長]

超早期内定を手にする「インターンシップ勝者」

1
nextpage

6/1はインターンシップ情報解禁日。各社の就職ナビサイトに登録し、参加企業選びを始める。大学3年生などは、いよいよ就職活動がスタート!という気分だろう。中には、超早期内定を手にする学生もいる。後悔しない就活のために、「インターン勝者」から学ぶべきこととは? キャリアデザインスクール我究館館長、書籍『絶対内定』シリーズ著者の熊谷智宏氏に聞いた。

超早期内定を手にする「インターン勝者」とは、どういう学生なのだろうか?
Photo:milatas-Fotolia.com

インターンシップは採用に関係があるか

熊谷智宏(くまがい・ともひろ) 我究館館長。横浜国立大学を卒業後、(株)リクルートに入社。2009年、(株)ジャパンビジネスラボに参画。現在までに3000人を超える大学生や社会人のキャリアデザイン、就職や転職、キャリアチェンジのサポートをしてきた。難関企業への就・転職の成功だけなく、MBA留学、医学部編入、起業、資格取得のサポートなど、幅広い領域の支援で圧倒的な実績を出している。また、国内外の大学での講演や、執筆活動も積極的に行っている。著書に「絶対内定」シリーズがある。

 就職活動やキャリアに関するアドバイスを行っている私のところには、毎年、多くの学生が相談に来る。
 インターンシップに関しては、よく大学生からこんな質問を受ける。
「インターンは採用に関係ありますか?」

 この質問に対して、あえて乱暴に言い切るとしたら、「関係がある」。

 厳密には、採用とは関係のない企業が存在するのは事実だ。
 しかし、私が日々、就活生をサポートする中で学生から話を聞く限り「関係ある」だけでなく、「採用とかなり関係があるケース」が見えてくる。

 例えば次のようなケースだ。

インターンをキッカケに
「超早期内定」を手にしたAくん

 6月1日のインターン情報解禁と同時に動き出したAくん。
 先輩たちから「インターン参加中の評価が高い学生は、その後の選考で優遇される」という噂を聞いていた。また、「複数日程のプログラムは、人事や社員とも触れ合う機会が多く、情報収集できるだけでなく、時間をかけて自分を評価してもらえる。志望度が高いなら、絶対に複数日程以上のインターンに参加するべき」とのアドバイスももらっていた。

 早々に自己分析と企業選定を行い、大学のゼミで勉強したテーマを活かせそうな金融業界に志望を決めた。さっそく、特に志望度の高いZ社のインターン、5日間プログラムに参加した。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
  • ダイヤモンド・オンライン 関連記事
    借りたら返すな!

    借りたら返すな!

    大久保 圭太 著

    定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年7月

    <内容紹介>
    会社がつぶれないためには、会社に「お金」があればいい。つぶれない会社に変わるための「銀行からの調達力を上げる7つのステップ」や「儲ける会社がやっている6つのこと」、「つぶれそうな会社でも、なんとかる方法」などを紹介。晴れの日に傘を借りまくり、雨になったら返さなければいい、最強の財務戦略を指南する。

    本を購入する
    ダイヤモンド社の電子書籍

    (POSデータ調べ、8/6~8/12)



     

    熊谷智宏(くまがい・ともひろ) [我究館館長]

    我究館館長。横浜国立大学を卒業後、(株)リクルートに入社。2009年、(株)ジャパンビジネスラボに参画。
    現在までに2500人を超える大学生や社会人のキャリアデザイン、就職や転職、キャリアチェンジのサポートをしてきた。
    難関企業への就・転職の成功だけなく、MBA留学、医学部編入、起業、資格取得のサポートなど、幅広い領域の支援で圧倒的な実績を出している。また、国内外の大学での講演や、執筆活動も積極的に行っている。
    著書に『絶対内定2016』シリーズがある。

    【キャリアデザインスクール・我究館】http://www.gakyukan.net/
    心から納得のいくキャリアの描き方と実現をサポートする就職・転職コーチングスクール。1992年の創立以来、20年以上にわたり全業界に7200名の人材を輩出。
    日本を代表するコーチ陣が、就職、転職、ロースクールや医学部進学、MBA留学、資格取得等、次の成長機会を模索し、その実現に悩む人々をバックアップしている。


    絶対内定

    1994年の創刊から20年以上のロングセラー、現在も大学生協売上1位を誇る『絶対内定』シリーズ。今では当たり前の「自己分析」の考えを、就活にはじめて取り入れたのが本書で、先輩やOB・OGのみならず、企業の人事・採用担当者にも支持されている。
    連載では、『絶対内定』シリーズの執筆陣による、就活において大切な考え方や手法、最新就活事情などをお届けする。

    「絶対内定」

    ⇒バックナンバー一覧