ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
イマドキ職場のギャップ解消法 高城幸司

秘かにエアコンの温度を下げているのは誰?
世論に抗う“隠れ節電反対派”たちの静かな戦い

高城幸司 [株式会社セレブレイン 代表取締役社長]
【第47回】 2011年7月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 「この会議室の蛍光灯は半分以上外せますね」

 あなたの職場にもこんな風に、節電に対してオタクのようにこだわる人が増えていませんか。

 その一方で、暑い夏も仕事を効率的にこなすために「反節電」派が登場しているのも事実です。「俺たちが節電努力したって関係ないよ」と達観したような発言をし、節電の努力を真っ向から否定する人も少なくありません。

 確かに今、節電は国家の抱える重要な問題です。ただ、これほど取り組みに対するスタンスが両極端になるのは興味深い現象といえます。なぜ、こうした節電に対するギャップが起きてしまうのか。みなさんと一緒に考えてみたいと思います。

「電力不足」がドミノ倒し的に発生
各地で原発の再稼動が焦点に

 東日本大震災が日本にもたらした「悩ましい」問題が2つあります。1つ目は「放射能」問題、そして2つ目は「節電」です。今回取り上げるテーマは「節電」ですが、どちらも福島原発事故によってもたらされた極めて解決が難しい問題です。

 原子力発電所の運転停止に伴って電力不足が発生し、節電が必要になっているのは関東圏だけではありません。関東圏への電力提供に加えて、他の地方でも原発が停止する影響などからドミノ倒しのように全国的に電力不足が発生しています。

 各地がその対策に追われているなか、九州電力では原発の代替として火力発電の稼働増で必要となる電力を確保しました。ただし、夏のピーク時には供給力の余裕を示す予備率は、適正の8~10%にはほど遠い3.5%。そのため、同社はサイトで電力使用状況を公開して広く節電を訴えています。

 関西では、定期検査を終えた原発の再稼働が焦点になっています。6月28日に開催された関西電力の株主総会には、筆頭株主である大阪市の平松邦夫市長が、脱原発に向けた自然エネルギー推進を求めるために自ら出席。また、一部株主が原発から撤退するまで役員に報酬を支払わないことなどを求める議案を提出しました。こうした原発の廃止を求める議案に対して、全国の電力会社がどのように対処するか注目が高まっています。

“戦後最大の暑さ”に取り組む企業が多数!
家庭での節電を後押しするイベントも

 「脱原発」の世論が高まっていることから、停止中の原子力発電所を再稼動させることが困難になり、各地域の電力不足を加速させています。その結果、全国的に企業も個人も節電の取り組みが必須の夏となりました。もしかすると、“戦後最大の暑さ”との戦いになるかもしれませんね。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
高城幸司氏の共著「新しい管理職のルール」

時代が変ればマネジメントの手法も変わります。では、どのように「戦略」「業務管理」「部下育成」「コンプライアンス」をどうマネジメントに取り入れるのか。新しいマネジメントのルールを教える1冊。1500円(税込)

話題の記事

高城幸司 [株式会社セレブレイン 代表取締役社長]

1964年生まれ。同志社大学卒業後、リクルート入社。リクルートで6年間連続トップセールスに輝き、「伝説のトップセールスマン」として社内外から注目される。そのセールス手法をまとめた『営業マンは心理学者』(PHP研究所)は、10万部を超えるベストセラーとなった。 その後、情報誌『アントレ』の立ち上げに関わり、事業部長、編集長、転職事業の事業部長などを歴任。2005年、リクルート退社。人事戦略コンサルティング会社「セレブレイン」を創業。企業の人事評価制度の構築・人材育成・人材紹介などの事業を展開している。そのなかで、数多くの会社の社内政治の動向や、そのなかで働く管理職の本音を取材してきた。 『上司につける薬』(講談社)、『新しい管理職のルール』(ダイヤモンド社)、『仕事の9割は世間話』(日経プレミアシリーズ)など著書多数。職場での“リアルな悩み”に答える、ダイヤモンド・オンラインの連載「イマドキ職場のギャップ解消法」は、常に高PVをはじき出している。
株式会社セレブレインホームページ
高城幸司氏ブログ

 


イマドキ職場のギャップ解消法 高城幸司

グローバル化や女性の社会進出、上司や部下とのジェネレーションギャップなど、もはや同じ価値観を持った人とだけ仕事をすることは不可能です。そんなギャップのある人たちとの上手な付き合い方・対処法を紹介します。

「イマドキ職場のギャップ解消法 高城幸司」

⇒バックナンバー一覧