ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
日本人が知らないリアル中国ビジネス 江口征男

無数の中国メディアに「最上の宣伝」を売り込め!
現地PR会社が明かす人脈構築の“あの手この手”

――北京東方三盟公共関係策画有限公司 上海分公司の清時 僚・副総経理に聞く

江口征男 [智摩莱商務諮詞(上海)有限公司(GML上海)総経理]
【第50回】 2011年7月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

日本の有名な広告代理店・アサツーディ・ケイ(ADK)と中国国営通信社の新華通信社が作った合弁企業・東方三盟(DSPR)は、テレビ、新聞、雑誌、インターネットなど無数に存在する中国メディアに対して、クライアント企業の宣伝を行なう会社だ。中国における企業宣伝ビジネスは、どんな状況なのか。東方三盟のようなPR会社に勝機はあるのか。同社の副総経理に、広告・PRビジネスの裏側を聞いた。

――東方三盟の事業内容を教えてください。

北京東方三盟公共関係策画有限公司 上海分公司の清時 僚・副総経理。企業が中国メディアへ「売り込み」を行なう際のサポートを手がける。中国メディアの記者には、日本とは違うアプローチが必要と説く。

 東方三盟(DSPR)は、アサツーディ・ケイ(ADK)と中国国営通信社である新華通信社の合弁企業で、1998年より中国で日系企業を対象にしたPR活動のサポートを行なっています。

――中国には、どのようなPR向けメディアがありますか。

 中国は、日本と比べてメディアの数が多いのが特徴です。テレビは約3000チャネル、新聞は約2000紙、雑誌も約1万誌ほどあります。また、ウェブの影響力が強いことも特徴の1つです。中国のウェブユーザーは5.5億人いると言われており、主要ポータルサイトから専門ウェブサイト、動画サイト、BBS、ブログ、ミニブログまで、多岐にわたるメディアが無数に存在しています。

――中国で企業が広告ではなくPRを利用するのは、どういう場合ですか。

 中国のテレビ、新聞、雑誌などのマスメディアで「ニュース」として報道されるPRのメリットには、(1)広告と比べると低コストでマスメディアに製品・サービスを紹介してもらうことができること、また(2)広告ではなくニュースという形で紹介されるため、一般消費者にとって情報の信頼性が高いことが挙げられます。

 そのため、中国で市場を開拓したい企業の多くは、費用対効果と信頼性が高いPRを積極的に利用しています。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

江口征男 [智摩莱商務諮詞(上海)有限公司(GML上海)総経理]

1970年、神奈川県横須賀市生まれ。横浜国立大学大学院工学研究科修了、Tuck School of Business at Dartmouth MBA。Booz & Company, Accentureなどの経営コンサルティング会社、子供服アパレル大手のナルミヤ・インターナショナルを経て、中国にて起業。上海外安伊企業管理諮詞有限公司(Y&E Consulting)、(株)MA PARTNERSの創業経営者でもある。
⇒GML上海ホームページ執筆者へのメール


日本人が知らないリアル中国ビジネス 江口征男

世界経済の牽引役として注目を浴びる中国に進出する日本企業は、後を絶たない。だが、両国の間に横たわる「ビジネスの壁」は想像以上に厚い。今や「世界一シビアな経済大国」となった中国で日本企業が成功するためのノウハウを、現地コンサルタントが徹底指南する。

「日本人が知らないリアル中国ビジネス 江口征男」

⇒バックナンバー一覧