出世運は天と地!経歴見事な「わらしべ長者」と
業績不振を呼ぶ「不運な人」

 運のいい人のなかには、「わらしべ長者」のような人もいる。成長企業の経営者の仕事をそばで見て管理職になり、別の成長企業に転職し、役員として上場を経験、さらにその経験を買われて、再び成長企業にヘッドハントされ、役員として上場を経験。2度にわたる上場時に得たストックオプションで、ちょっとした資産家になってしまうといった人だ。

 履歴書の経歴は見事である。成長企業が上場できたのも、ひょっとしたらこの人が会社に良い運やそれまでの知見を持ち込んでくれたからかもしれない。受け入れ側の社長にとっては、当人の力量はどうあれ、少なくとも彼が一緒に働いてきたトップたちが、どんな場面でどのような基準に基づいてどのような意思決定をしたかという“見てきた”経験を披露してくれるだけでも、大きな価値があるとも言える。また同時にその人がいるだけで周囲が活気づく、といった不思議な「波動」を持ち合わせた人であるかもしれない。しかし、彼もしくは彼女自身に何かできるか?と問われると、特別なものは何もない。

 一方で、人事部門の人や採用に携わった人なら見た経験があると思うが、いい大学を出て、それなりのキャリアはあるのにもかかわらず、転職した会社がいつも業績不振になり希望退職を募る状況になる求職者もいる。たくさんある転職先企業の中から、なぜあえて、業績不振になる会社ばかりを選んでしまうのだろうか、という疑問を持ってしまうような不運の人だ。

 しかも、こういう人を採用するにはかなりの覚悟がいるから、どうしても採用に当たって慎重になる。そして、何が問題なのだろうかという観点でよく見てみると、いろいろ気になるところが出てきてしまうのだ。