ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
スマートフォンの理想と現実

グーグルが目指すケータイの創造的破壊と実効支配
「Google+」というスマホ時代の巧妙な仕掛け

クロサカタツヤ [株式会社 企/株式会社TNC 代表]
【第3回】 2011年7月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
4
nextpage

Googleが目指すのはデータとトラフィックの支配

 Google+で、Androidを盛り上げるとは、一体どんなことなのか。

 おそらくそれは、「スマートフォンで使いやすいソーシャルメディアを作る」などという、善意に満ちた単純な話ではない。仮にそうだとしたら、それこそGoogle+はもっと早期にベータ版で提供され、またそこには広告が入っているはずである。しかし今回は、そのいずれでもない。

 では、Googleの真意は、どこにあるのか。それは、「データとトラフィックの支配」だと、私は考えている。

 Googleのミッションは、「世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすること」である。これは同社の会社情報ページからそのまま引用したものだ。確かに彼らはこれまで、世界中の様々な情報をデジタル化し、ネットワークに載せ、整理をし、そして世界中に提供してきた。

 この時、世界中の情報には、メールやチャットのやりとり、検索履歴、SNSでの情報発信、位置情報等、私たちの日常生活の中で自ずと発生する情報(いわゆるライフログ)も含まれる。これらのすべてが個人情報やプライバシー情報というわけではないが、もちろん一部にはそれも含まれる。

 こうした情報をひたすらに集め、整理し、提供する、というだけなら、大した付加価値はない。もちろん前述の通り、それでも世界規模で考えれば相当なビジネスだし、現にこれまでのGoogleはそうして成長を続けてきた。

 しかしこれが、従来以上に大量かつ詳細に収集・整理され、しかもその情報を欲する主体(事業者等)にとっての〈値付け〉までできたとしたら、大化けする可能性がある。しかもそれは、Googleがこれまで広告をベースに進めてきたビジネスが、チマチマしたものに見えるほどのインパクトを、有しているはずだ。

 実はこうした動きが、すでに米国で報じられつつある。どうやらGoogleが、データエクスチェンジ市場に参入する、というのである。

previous page
4
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

クロサカタツヤ
[株式会社 企(くわだて)代表取締役、慶應義塾大学特任准教授]

1975年生まれ。慶應義塾大学・大学院(政策・メディア研究科)修了後、三菱総合研究所にて情報通信分野のコンサルティングや国内外の政策調査等に従事。その後2007年に独立し、現在は株式会社企(くわだて)代表として、通信・メディア産業の経営戦略立案や資本政策のアドバイザー業務を行う。16年より慶應大学大学院政策・メディア研究科特任准教授。


スマートフォンの理想と現実

2011年はスマートフォンの普及が本格化する年になる…。業界関係者の誰しもがそう予感していた矢先に発生した東日本大震災は、社会におけるケータイの位置づけを大きく変えた。しかし、スマートフォンの生産に影響が及びつつも、通信事業者各社はその普及を引き続き目指し、消費者もまたそれに呼応している。震災を受けて日本社会自体が変わらなければならない時に、スマホを含むケータイはどんな役割を果たしうるのか。ユーザー意識、端末開発、インフラ動向、ビジネスモデル等、様々な観点からその可能性と課題に迫る。

「スマートフォンの理想と現実」

⇒バックナンバー一覧