ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
消費者のココロのスイッチを押すしかけ

「どう伝わったら、買いたくなるか」
“4つのインサイト”が消費者を動かすメッセージを生む

【特別篇】藤田康人氏 出版記念講演再録

藤田康人 [インテグレート代表取締役CEO]
【特別篇】 2011年7月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

東日本大震災後、消費者動向に変化が起きていると指摘される。たとえば、それら消費者の心をつかむためのマーケティングをどのように行えばよいのか。今日のマーケティングに欠かせない情報クリエイティブを活用した「マーケティングメッセージ」のつくり方、次世代型IMC(Integrated Marketing Communication=統合型マーケティング コミニケーション)の実践プランニングについて、このほど『どう伝わったら、買いたくなるのか』(ダイヤモンド社)を上梓した藤田康人・インテグレート代表取締役CEOが、7月1日に行った出版記念講演をダイジェストで再録する。

 東日本大震災後の消費者動向に変化がみられます。

 まず、結婚関連産業が盛んになっています。震災後、誰かとつながっていたいという気持ちが強くなったからでしょう。2点目として、応援消費につながる商品が売れています。自分の消費行動が社会のためになるならなどを考えるようになっているからです。

 3点目として、所有しないライフスタイル「シェア」という考え方が出てきました。津波の映像を見たとき、所有することに価値があるのかを考えるようになったようです。

 これら3点を見ていくと、震災後のインサイト(incite=洞察)にはキーワードが2つあります。

 1つ目が「絆(きずな)」。家族や仲間と繋がっていたいという心理です。2つ目が「サステナビティ(持続可能性)」。社会と自分との関連性、社会にとってよいことなのか、持続可能なのかそうしたことを強く考えるようになっています。こうした消費者動向をつかみ、マーケティングをしていくことが今必要です。

もはや情報は
「伝える」ものではない

 インターネットが登場する以前は、情報を得る手段が限られていたので、皆が情報に飢えていました。どれだけメディアに登場したか、広告を打ったのかでその効果もある程度分かりました。しかし、インターネットの普及により情報が氾濫してくると、自分の情報処理能力にも限界を感じるようになり、欲しくない情報に対しては「情報バリアー(防御壁)」を張り、受け付けないようになりました。

 つまり、情報は「伝える」ものではなくなっているのです。現在、消費者はメディアが発信する情報をそのまま信じる受け手ではなく、欲しい情報を精査し、自らも能動的に情報を発信し、シェアするようになりました。この時代の情報の取捨選択権は、消費者が握っています。情報を「伝える」から「伝わる」に代わっているのです。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

藤田康人 [インテグレート代表取締役CEO]

慶應義塾大学を卒業後、味の素株式会社を経て、92年、フィンランド人の社長と二人でザイロフィン ファーイースト社(現ダニスコジャパン)を設立。素材メーカーの立場から キシリトール・ブームを仕掛け、キシリトール製品市場はゼロから2000億円規模へと成長。07年、株式会社インテグレートを設立し、代表取締役CEOに就任。著書に『どう伝わったら、買いたくなるか』『99.9%成功するしかけ』 『漂流する広告・メディア』講演活動も行っている。integrateGroupウェブサイト:http://www.itgr.co.jp/

 


消費者のココロのスイッチを押すしかけ

インターネットの影響などで情報があふれ、“広告が届きにくい”時代になったと言われます。そこでマーケティング担当者はどう考え、何をすべきなのか。どんな方法なら消費者とのコミュニケーションが成立するのか。「次世代IMC」を掲げる注目のマーケティング企業CEOがその極意を伝授します。

「消費者のココロのスイッチを押すしかけ」

⇒バックナンバー一覧