ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
公認会計士・高田直芳 大不況に克つサバイバル経営戦略

自動車業界を海外へ追い立てる「円高の恐怖」と
国内雇用を守るトヨタ「一人負けの構図」

高田直芳 [公認会計士]
【第63回】 2011年7月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 今回は、第52回コラム(自動車業界編)以来の「円高の恐怖」を扱う。ツユ明け以降、皇居のお堀に群がるミンミンゼミに負けず劣らず、「エンダカドルヤス、エンダカドルヤス」と、やたらとウルサイ。その鳴き声に慣れる前に、ツユ払いとして「裁定取引」という用語を説明しておこう。

 「裁定」などというと、おどろおどろしい表現なので、見た瞬間、腰が引けそうなところがある。金融工学を駆使する外資系トレーダーが使う専門用語の響きがあり、読者の大半から「オレには関係ない」といわれそうだ。ところが、ビジネスに携わっている人であれば誰もが行なっている行為である、といえば、驚かれるだろうか。

 『マンキュー経済学Iミクロ編』445ページでは「裁定とは、財をある市場で安く買い、それを他の市場で高く売って、その価格差から利潤を得るというプロセス」とある。オーストラリアの書店が、アメリカで書籍を安く購入し、それをオーストラリアの読者に販売する例が紹介されていた。要するに、企業の損益計算書に計上されている営業利益や当期純利益などは、裁定取引の結果を表わしているのだ。

 しかし、「言うは易く行うは難し」であり、実際に安く買って、高く売るのは難しい。そのような話を、東京市場で辣腕を振るう外資系トレーダーと話していたら、「難しくはないですよ」と一笑に付されてしまった。

 彼がいうには、地域差を利用した裁定と、時間差を利用した裁定があるらしい。地域差とは、先ほどのオーストラリアとアメリカの例が当てはまる。時間差とは、ドルやユーロなどの外国通貨の売買が典型だという。

 例えば、〔図表 1〕の「対米ドル相場」を使った裁定取引とは、今日と明日以降の時間差を利用したものだ。さらに〔図表 2〕の「対ユーロ相場」を合わせると、時間差と地域差を利用した裁定になるのだという。当然これらに「先物」も加わると、筆者には異次元の世界だ。

アルゴリズム売買に逆行する
トレーダーのアナログな訓練方法

 〔図表 1〕と〔図表 2〕を見比べて明らかなように、2010年は「裁定に生きる」トレーダーとして、腕の見せ所であったという。特に〔図表 2〕の対ユーロ円相場を見ると、東日本大震災のあった11年3月(108円30銭)よりも、10年8月(105円70銭)のほうが、円高ユーロ安がきつかった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

高田直芳 [公認会計士]

1959年生まれ。栃木県在住。都市銀行勤務を経て92年に公認会計士2次試験合格。09年12月〜13年10月まで公認会計士試験委員(原価計算&管理会計論担当)。「高田直芳の実践会計講座」シリーズをはじめ、経営分析や管理会計に関する著書多数。ホームページ「会計雑学講座」では原価計算ソフトの無償公開を行なう。

------------ファイナンスの基礎知識が満載!------------
  ★高田直芳ホームページ『会計雑学講座』


公認会計士・高田直芳 大不況に克つサバイバル経営戦略

大不況により、減収減益や倒産に直面する企業が急増しています。この連載では、あらゆる業界の上場企業を例にとり、どこにもないファイナンス分析の手法を用いて、苦境を克服するための経営戦略を徹底解説します。

「公認会計士・高田直芳 大不況に克つサバイバル経営戦略」

⇒バックナンバー一覧