HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

ビジネスパーソンのための健康ラボ

薄毛にはトウガラシと豆腐が効く

【第20回】

トウガラシの辛味成分であるカプサイシンに、育毛効果があることはご存知ですか。大学の実験で、薄毛で悩んでいる被験者にカプサイシンと大豆イソフラボンを毎日継続摂取してもらったところ、約80%の人に明らかな育毛・発毛効果が認められたそうです。サプリメントも出ていますが、通常の食品からでも効果は期待できるそうです。

 「最近、オツムがやけに寂しくなってきて」とお嘆きの諸兄には、ちょっといいお話――。

 トウガラシの辛味成分であるカプサイシンがダイエットにいいということは、今ではたいていの方がご存じのことと思います。では、そのカプサイシンに養毛・育毛効果もあることについてはどうでしょう。こちらは初耳という方も多いのではないでしょうか。

 かいつまんで、そのメカニズムを紹介すると――。

 毛髪の成長にはインスリン様成長因子というアミノ酸からなる物質が不可欠です。カプサイシンは知覚神経を刺激することで、カルシトニン遺伝子関連ペプチド(CGRP)という物質の放出をうながしますが、このCGRPが毛根におけるインスリン様成長因子の産生を盛んにすることが明らかになってきたのです。

 研究を進めているのは名古屋市立大学の岡嶋研二教授らのグループ。報告によれば、まず動物実験でカプサイシンの摂取によって毛根にインスリン様成長因子を増やすことを確認。さらに実際に薄毛で悩んでいる被験者(48名)にカプサイシンと大豆イソフラボンを毎日継続摂取してもらったところ、約80%の人に明らかな育毛・発毛効果が認められたそうです。

 ところで、大豆イソフラボンを合わせて摂取するのには、もちろん重要な意味があります。

 知覚神経を刺激しているだけだと、やがて神経内のCGRPは枯渇してきます。そうなると、いくらカプサイシンを摂取しても肝腎のインスリン様成長因子は増えません。

 実は、このCGRPを増やす働きが女性ホルモンにあるとか。そこで女性ホルモンと似た作用を発揮することで知られる大豆イソフラボンを代わりに、というわけです。

 専用のサプリメントも出ていますが、通常の食品からでも効果は期待できるとのこと。目安は1日に一味トウガラシを小さじ2杯。イソフラボンのほうは豆腐なら半丁。

このページの上へ

ビジネスパーソンのための健康ラボ

メタボリックシンドローム、生活習慣病、メンタルヘルスと、ビジネスパーソンにとって健康の悩みは尽きることがありません。毎回1つのキーワードから、健康について考えます。

「ビジネスパーソンのための健康ラボ」

⇒バックナンバー一覧