ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
社会貢献でメシを食う。NEXT 竹井善昭

この夏は東北へ行こう! 百聞は一見に如かず。
「被災地を自分の目で確かめる」本当の意味

竹井善昭 [ソーシャルビジネス・プランナー&CSRコンサルタント/株式会社ソーシャルプランニング代表]
【第49回】 2011年8月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 当連載でも繰り返し、観光でもいいから被災地に行って現場を見てきてほしいと伝えているが、実際に行くとなるとどうすればいいのか分からないので教えてほしいという相談も多い。この夏は東北支援をうたったツアー企画が目白押しだが、津波被害にあった地域を巡るものはほとんどない。

 ボランティア参加するなら、さまざまなNPOや大手旅行社がボランティア・ツアーを組んでいるし、われわれTohoku Risingでもスタディ・ツアーを提供しているが、個人旅行で被災地の現状を見てきたいという人のニーズに応える情報はほとんどないだろう。であれば、筆者が伝えるべきだということで、今回は夏の被災地(主に津波被害の地域)を巡るための情報をお伝えするが、その前に書いておきたいことがある。「最も有効な東北支援は東北でビジネスをやることだ」と常々語っているが、そのことの意味についてだ。

 東北でビジネスをやれというと、多くの人は「ビジネスをやれば経済が活性化されて雇用も生まれる、だから復興につながる」と考える。もちろんそのことは間違いではないし重要なことだが、実はもっと大きな意味がある。「忘れない」ことだ。

 数多くの被災者が語るのは「忘れないでほしい」ということだ。震災のことを、被災地のことを、被災者のことを忘れないでほしい。それは切実なメッセージとして繰り返し聞かされてきた。だから筆者も、しつこく東北ネタを繰り返しているわけだが、残念ながら、人は「忘れる生き物」でもある。

 しかし、人には自分の生活というものがあり、日常生活の中でずっとずっと東北に関心を持ち続け、支援を続けることはなかなか難しい。支援活動を続ける人たちの間でも、そろそろ支援疲れが見え始めている。やはり、チャリティやボランディアだけでは長期の支援は無理なのだ。

 東京や関西など東北以外の地方に住む人間は、震災の当事者ではない。よそ者だ。東北に移り住むならともかく、東京や西日本に住んでいる「よそ者」が東北の当事者に日常的に思いを抱き、寄り添うことは現実的なことではない。だからこそ、東北でビジネスなのである。

 東北でビジネスを行なえば、そこに関わる人間は「当事者」になる。東北復興はまさに“自分ごと”となり、イヤでも東北のことを考える必要が生じる。「忘れる」ことなどできなくなるわけだ。どれだけ多くの人が東北のことを忘れないかが、長期にわたる復興支援には重要。だから、ビジネスなのである。

 さて、ビジネスをやるためにも現地の状況を実際に自分の目で見ることは必要。筆者も商品開発や業態開発を行なうときは必ず現場を見る。もちろん、現場の人の話も聞く。見て聞いて初めて分かることは多い。データだけでは市場の空気感は分からないのだ。空気感を無視して成功するビジネスはない。東北でビジネスを行なうためには、やはり被災地を自分の目で見て、現地の人の話を聞いてみることだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

竹井善昭 [ソーシャルビジネス・プランナー&CSRコンサルタント/株式会社ソーシャルプランニング代表]

マーケティング・コンサルタントとしてクルマ、家電、パソコン、飲料、食品などあらゆる業種のトップ企業にて商品開発、業態開発を行なう。近年は領域を社会貢献に特化し、CSRコンサルタント、社会貢献ビジネスの開発プランナーとして活動。多くの企業にてCSR戦略、NGOのコミュニケーション戦略の構築を行なう。「日本を社会貢献でメシが食える社会にする」ことがミッションに、全国各地で講演活動を行なう。ソーシャル系ビジネスコンテストや各種財団の助成金などの審査員多数。また、「日本の女子力が世界を変える」をテーマに、世界の女性、少女をエンパワーメントするための団体「ガール・パワー(一般社団法人日本女子力推進事業団)」を、夫婦・家族問題評論家の池内ひろ美氏、日本キッズコーチング協会理事長の竹内エリカ氏らと共に設立。著書に『社会貢献でメシを食う。』『ジャパニーズスピリッツの開国力』(いずれもダイヤモンド社)がある。

株式会社ソーシャルプランニング
☆竹井氏ブログ 社会貢献でメシを食う〝REAL(リアル)〟
☆Twitterアカウント:takeiyoshiaki


社会貢献でメシを食う。NEXT 竹井善昭

CSRやコーズマーケティングをはじめ、「社会貢献」というテーマがポピュラーとなったいま、「社会貢献のセカンドウェーブ」が来ている。新たなサービスやプロジェクトのみならず、新たな主役たちも登場し始めた。当連載では話題の事例を取り上げながら、社会貢献的視点で世の中のトレンドを紹介していく。
*当連載は、人気連載『社会貢献を買う人たち』のリニューアル版として、2014年1月より連載名を変更しました。

「社会貢献でメシを食う。NEXT 竹井善昭」

⇒バックナンバー一覧