ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
保田隆明 大学院発! 経済・金融ニュースの読み方

「コングロマリット=悪」の誤解
――ソニー復活が示す定説の危うさ

保田隆明 [神戸大学大学院経営学研究科准教授、昭和女子大学非常勤講師]
【第2回】 2008年5月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 4月最終週の日経ヴェリタスの巻頭特集はソニーの復活であった。その記事では、さまざまな事業を抱えて各事業間でのシナジーが創出されることで、ソニーは全体としてかつての輝きを取り戻しつつあるという内容であった。その記事を読んで最初に思ったことは、「もしやコングロマリットプレミアムの議論が再燃するのか?」である。

 かつて、企業はさまざまな事業を抱えることによるシナジーを追求し、コングロマリット化を目指した。そして株価にはコングロマリットプレミアムが乗せられた。しかしほどなくして、コングロマリットはむしろ悪である、という議論がなされるようになった。

 その根拠は、関係性の薄い事業をたくさん抱えているだけでシナジーを生み出すことができず、経営のリソースが分断されてしまうと企業の業績が悪化し、何かの事業に特化している他社との競合に勝てない、というのが理由であった。そこで、コングロマリット企業の株価は逆にディスカウントされてしまうという、コングロマリットディスカウントなる言葉も登場した。

 その後、平成金融不況の流れも受けて、日本では「選択と集中」という言葉がここ10年ほど何度も繰り返し登場し、企業はM&Aを積極的に活用することで事業の選別を行ってきた。そのような環境を経た現在において、ソニーがコングロマリット路線で成長を模索するという議論には「ん?」と思う人もいるに違いない。私もその一人であった。

コングロマリット
ディスカウントは存在しない?

 一方、先日、大学院の授業で「実は最近では、コングロマリットディスカウントは存在しないかもしれないという議論が出てきています」という話があった。いろいろ検証してみると、どうもディスカウントの実態を明確に見つけることができていない、ということである。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
保田隆明氏の著書「実況LIVE 企業ファイナンス入門講座」好評発売中!

経済・金融のグローバル化に伴い、企業を取り巻く環境は複雑化。ビジネスパーソンにとっても、経営戦略とファインスに関する知識は不可欠になっています。本書では、資金調達やM&Aなど、経営戦略とファイナンスの関係を基本から徹底解説します。 2100円(税込)

話題の記事

保田隆明 [神戸大学大学院経営学研究科准教授、昭和女子大学非常勤講師]

1974年生まれ。神戸大学大学院経営学研究科准教授、昭和女子大学非常勤講師。リーマン・ブラザーズ証券(東京/ニューヨーク)、UBS証券東京支店で投資銀行業務に携わる。その後、起業、投資ファンド運用等を経て、10年より小樽商科大学大学院准教授、14年より昭和女子大学准教授、2015年9月より現職。雑誌、テレビや講演で金融・経済をわかりやすく解説する。著書は「あわせて学ぶ会計&ファイナンス入門講座」「実況LIVE 企業ファイナンス入門講座」(ともにダイヤモンド社)ほか多数。早大院商学研究科博士後期課程満期退学。
保田氏ブログ

 


保田隆明 大学院発! 経済・金融ニュースの読み方

仕事と両立しながら大学院に通い始めた保田隆明が、大学院で学ぶからこそ見えてきた新しい視点で、世の中の「経済・金融ニュース」をわかりやすく解説する。

「保田隆明 大学院発! 経済・金融ニュースの読み方」

⇒バックナンバー一覧