ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
アナリストが教えるリサーチの教科書 自分でできる情報収集・分析の基本
【第5回】 2017年7月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
高辻成彦

今(7月前後)が格好のとき。
市場シェアの調べ方
『アナリストが教えるリサーチの教科書』から情報収集・分析の基本を学ぶ

『アナリストが教えるリサーチの教科書 自分でできる情報収集・分析の基本』を上梓した、アナリストの高辻成彦さんに聞く、ビジネスリサーチの基本とは?連載第5回目では、市場シェアの調べ方について取り上げます。

7月前後に公表される
日経シェア調査

 業界の市場シェアを調べるには、いくつかの方法があります。

 例年7月前後、つまり今の時期になると、日本経済新聞社(以下、日経)が、世界シェア及び国内シェアの調査結果を、日経産業新聞に掲載します。

 2017年では、6月26日に自動車、産業用ロボット、半導体製造装置、デジタルカメラなど、製造業を中心に世界シェア57品目が掲載されました。
 国内シェア調査については、例年通りであれば、7月中に約100品目が掲載されるでしょう。

 掲載日や品目数は、毎年一定ではないのですが、ほぼ7月前後に掲載されます。
 日経産業新聞を毎日チェックしていなくても、日経産業新聞に出る日には、日経新聞の朝刊に関連記事が載りますので、今の時期の日経新聞朝刊の報道を注視していれば、掲載に気づくことができるでしょう。

『日経業界地図』を参照する

 もし、日経新聞をチェックしそびれたらどうするのでしょうか?
 ご心配にはおよびません。

 日経産業新聞に掲載された市場シェア情報は、『日経業界地図』という本に掲載されます。
 ただし、『日経業界地図』の出版は、日経産業新聞での掲載から数ヶ月後になりますので、早めに直近年のシェア情報を入手したい場合には、日経産業新聞を探すことをおすすめします。

日経テレコンやネット検索で探す

 日経がサービス提供している日経テレコンが使えるようでしたら、日経テレコンで記事検索してみる手もあります。

 日経シェア調査に載っていない製品・サービスでも、日経新聞では記事で取り上げている場合があるため、調べてみるといいでしょう。
 それでも載っていない場合は、ネット検索で情報を探してみましょう。

市場調査会社の調査報告書を入手する

 日経や、ネット検索で市場シェアが得られない場合には、市場調査会社の調査報告書を入手しましょう。
 業界の網羅性が高いのは、矢野経済研究所や富士経済の調査報告書です。

 ただし、業界によっては、毎年調査を行っている場合もあれば、そうでない場合もあります。
 また、特定の業界については、IDCやGartnerなど、四半期おきに推計・公表している調査会社もあります。

事業会社のIRデータ

 事業会社のIR情報から入手できることもあります。
 情報開示の進んでいる事業会社の場合、ウェブサイトのIRページで公表しているアナリストや個人投資家向けの説明会資料に、市場シェア情報を載せていることがあります。

 これは、投資家に自社の株を買ってもらうために、自社の市場シェアをアピールするためです。
 ニッチな製品・サービス分野でシェアの高い企業ほど、投資家にアピールするために載せることが多い印象です。

 また、事業会社のウェブサイトになくても、シェア情報を持っている場合もありますから、載っていない場合は、問い合わせてみてもいいでしょう。

自分で推計するケース

 市場規模と同様に、市場シェアも自分で推計してみる方法もあります。
 たとえば、国の経済統計や業界統計などで市場規模がつかめる場合、調査対象企業の売上高や受注高、販売台数、生産台数といった、同基準の情報が得られれば、推計は可能です。

 推計する場合には、どういう条件のもとで推計したのかを、明示するようにしましょう。
 たとえば、業界団体の統計をもとにした場合には、「〇〇工業会の受注統計ベースでは、」などと書きます。

 市場規模が大きな業界や、業界団体が整備されている業界の場合、シェア情報の入手が比較的容易ですが、非上場企業の多い業界や、市場規模がつかみにくい業界の場合、シェアをつかむのは容易ではありません。

 こうしたケースでは、どうしても推計できないこともあります。推計にも限界があることは知っておきましょう。

スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
コピー1枚とれなかったぼくの評価を1年で激変させた 7つの仕事術

コピー1枚とれなかったぼくの評価を1年で激変させた 7つの仕事術

Shin 著

定価(税込):本体1,400円+税   発行年月:2017年7月

<内容紹介>
たった1年で、ド落ちこぼれを外資系コンサルティングファームのマネジャーにまで成長させた超実践的成長ノウハウ! 「指摘のドラフトメール一元化」「最強のTodoリスト」……などコピー取りすらろくにできなかった20代の若手コンサルタントが、自分を変えるために必死で考えたオリジナルの7つの仕事術を紹介。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、7/2~7/8)



高辻成彦 (たかつじ なるひこ)

立命館大学政策科学部卒、早稲田大学ファイナンスMBA。いちよし経済研究所(東証1部・いちよし証券の調査部門)のアナリスト。主な職歴は経済産業省、ナブテスコ(東証1部)の広報・IR担当、ユーザベース(東証マザーズ)のシニアアナリスト。経済産業省在籍時は経済波及効果測定のための経済統計である産業連関表の時系列表作成に参画。ナブテスコの広報・IR担当時は日本IR協議会によるIR優良企業特別賞の所属会社初受賞に貢献。ユーザベース在籍時は業界・企業情報サービス・SPEEDAの業界レポート作成や、経済ニュースアプリ・NewsPicksの経済コメント活動に勤め、最古参ユーザーとして8万人以上のフォロワーを得る。現職では企業取材活動をもとに年間約200本のアナリストレポートを発行。日経ヴェリタスのアナリストランキングにランクイン。


アナリストが教えるリサーチの教科書 自分でできる情報収集・分析の基本

リサーチを丸投げせずに自前でやるには、何から始めればいいのか?

『アナリストが教えるリサーチの教科書 自分でできる情報収集・分析の基本』の著者で、アナリストの高辻成彦氏が教えるビジネスリサーチの基本。

「アナリストが教えるリサーチの教科書 自分でできる情報収集・分析の基本」

⇒バックナンバー一覧