ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
起業人

旧弊打破で超効率化を実現
大手と渡り合う新興広告代理店
グローバーズ

最高経営責任者 内山俊哉、最高執行責任者 福井俊策、最高戦略責任者 大久保隆千栄

週刊ダイヤモンド編集部
【第155回】 2011年8月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
グローバーズ
左から
最高執行責任者 福井俊策
最高経営責任者 内山俊哉
最高戦略責任者 大久保隆千栄
Photo by Kazutoshi Sumitomo

 「広告業界は時代の先端を読むべきなのに、まったくできていない」

 日焼けした肌に瀟洒なスーツを着こなし、足元は裸足に革靴。見た目はイケイケの広告代理店マンを地で行く内山俊哉(写真中央)は、自らが20年以上も身を置いてきた広告業界に、限界を感じていた。

 「既存の広告代理店にはできない広告モデルをつくりたい」

 インターネット広告の台頭によって、旧来型の広告モデルが転換を迫られていた2007年、同じ思いを抱いていたかつてのライバル、福井俊策(同左)と大久保隆千栄(同右)の3人で、グローバーズを立ち上げた。

 3人はもともと、大手広告代理店の部長で、内山は媒体部門、福井、大久保がそれぞれ営業、マーケティング部門の出身だ。各部門のプロフェッショナルとしてらつ腕を振るってきた3人によるトロイカ体制で、同社は船出した。

 しかし、現実は甘くなかった。大手代理店の敏腕部長だったとはいえ、新会社での実績はゼロ。創業当初は電話もコピー機も借りられず、住宅ローンの一括返済を余儀なくされた者もいた。

 それでも3人には確信があった。「大手代理店の提案は場合によっては、自社都合が優先されて割高になりがちで、顧客志向を追求すれば成功できる」。

 チャンスは意外と早く訪れる。薄毛に悩む男性をターゲットにした薬用シャンプー「スカルプD」のコンペで並み居る大手を退け勝利したのだ。

 いまや誰もが知る人気商品だが発売当初は苦戦。グラビアアイドルを起用した大手代理店の販売戦略の不調もあり、売上高が目標に達していなかった。

 08年、広告体制のテコ入れのため、再度のコンペが行われた。大手が大々的なテレビCMによるプロモーションを打ち出したのに対し、同社はその逆張り作戦に出る。

 3人は高額なCMを打たず、イベントやネットでの地道な販促を訴え、クライアントの心をつかんだ。

 薄毛に悩む吉本興業の人気お笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之らと「K(ケー)‐BO(ボー)‐BO(ボー)‐プロジェクト」を企画。1年間を話題づくりに費やし、09年に満を持してCM展開すると、大きな反響を呼ぶ。

 10年度には、国内最大の電子商店街「楽天市場」で6800万点の商品のうち、スカルプDが年間総合ランキングでトップに立つ快挙を成し遂げた。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


起業人

先達の苦難の道のりには、汗と涙に彩られた無数のドラマがある。そして、起業家達の苦闘の中には明日への成功のヒントとノウハウが凝縮されている。

「起業人」

⇒バックナンバー一覧