ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
すぐに役立つビジネス文書実践講座
【第2回】 2008年2月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
中川路亜紀 [コミュニケーション・ファクトリー代表]

前文・主文・末文を書くのはなぜ?

1
nextpage

 ビジネス文書にしても私的な書簡にしても、手紙文には伝統的に受け継がれてきた形式、ルールがある。

ルールがあるから簡単に書ける

 ファックスやEメールがたくさんつかわれるようになって、ビジネス文書の世界も「なんでもアリ」になったようにも見えるが、ここぞというときには、やっぱり手紙文のルールが頼りにされている。

 「手紙文のルールなんて、面倒くさいだけで、仕事をふやすだけ」と思っている人がいたら、それは違う。

 手紙文のルール、特にビジネス文書のルールは、物事を効率よく、簡潔に、誰にも快く、確かに伝えるために考案されたマニュアルだと思ってほしい。自分で1から考えなくても、読みやすい流れで、読み手の気持ちもフォローした手紙が書ける。言いにくいことや説明が長くなることも、ひとことの慣例的な言い回しで片付いてしまう。これは、なかなかの発明品ではないか。

 もちろんルールは時代とともに変化する。また、ケースバイケースで不必要な儀礼はどんどん省いてもかまわないのだが、とにかくベースになる手紙文の基本ルールは頭に入れておこう。それが頭に入っていれば、もっともっと自由に手紙が書けるようになるはずだ。

ビジネス文書の「組み立て」

 日付の入れ方や宛名の書き方など、フォーマットについては次回で取り上げるとして、ここでは主にビジネス文書の中身の「組み立て」を解説しよう。

 次ページでは、全部の要素を含んだ文を例として掲げて、ビジネス文書の「組み立て」を解説している。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR

    スペシャル・インフォメーションPR

ダイヤモンド・オンライン 関連記事
どうすれば、売れるのか?

どうすれば、売れるのか?

木暮太一 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年4月

<内容紹介>
売れるものには、法則がある!ヒット商品・話題のサービス、人気コンテンツ、行列のできる店…似たように見えるのに、なぜ売れるものと売れないものがあるのか?著書累計150万部、リクルート×サイバーエージェント×富士フイルムで学んだ、センスに頼らず、繰り返し人の心を動かす究極のメソッド。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、4/16~4/22)



中川路亜紀 [コミュニケーション・ファクトリー代表]

1956年神戸市生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。出版社勤務を経て、コミュニケーション・ファクトリーを設立。著書は『気のきいた手紙が書ける本』、『ビジネス文書の書き方』、『[新版]これでカンペキ! 誰でも書けるビジネス文書』『そのまま使える!ビジネスマナー・文書』など


すぐに役立つビジネス文書実践講座

日頃、必要に迫られて書く機会の多いビジネス文書。しかし苦手と感じる人もまた多い。豊富な書式を交えながら誰でもすぐに書けるコツを紹介します。

「すぐに役立つビジネス文書実践講座」

⇒バックナンバー一覧