ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
考える力の育て方
【第4回】 2017年7月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
飛田 基

補導中学生の意識を変えた論理思考ツールの凄い効果

1
nextpage

子どもの考える力を伸ばす効果的な方法があります。それは、ビジネス書の世界的ベストセラー『ザ・ゴール』の著者、エリヤフ・ゴールドラット博士が開発した「3つの思考ツール」を活用すること。博士が設立したNPO法人「教育のためのTOC」の世界最高位資格であるマスターリード・ファシリテータとして活躍している飛田基氏の新刊『考える力の育て方』の中から、そのエッセンスをご紹介します。
今回は、前回ご説明した「ブランチ」という思考ツールを使って、世の中のルールを論理的につかんだ子どもの事例を取り上げます。アスペルガー症候群で全主要教科補習、補導歴あり、リストカットも経験したユウキは、「ブランチ」を使ってどんな解決策を出したのでしょうか?

ユウキ、私服警察官に
補導される

 ユウキは、中学校で「5人組」と呼ばれるメンバーの1人でした。この5人は校内でもやんちゃ者として有名で、ことあるごとに校長室の「叱られソファ」に座らされ、揃ってお説教をされるのです。

 その日も5人組は、「叱られソファ」に座らされていました。前日の夕方、私服警察官に学校近くの駅周辺にある繁華街で補導されたとのこと。

 経緯はこうでした。

 学校の授業が終わり、そのあと5人組は揃って補習授業を受けました。補習がようやく終わった帰り道に、誰かが尋ねました。

 「ねぇねぇ、キャバクラってどんなとこか知ってる?」

 「わかんない。じゃあ、行ってみよっか!」

 こんなきっかけで繁華街をウロウロしていたところを、私服警察官に見つかったのです。

 警察でこってりと絞られ、家庭でもしっかりとお灸をすえられ、学校でもずっしりと反省をうながされたユウキ。その話は、私の耳にも入りました。

 ところがユウキ本人はと言うと、「別にモノを盗んだわけでも、誰かを傷つけたわけでもない。そこまで悪いことをしたかな?」という様子です。

 大人の立場から見たらどうでしょう?これだけ時間やエネルギーを使って子どもを指導しているのに、そのメッセージが子どもにきちんと届いていないことに愕然とするかもしれません。

 次の会話では、どのように出来事マップを作り、どのようにユウキが社会のルールを心から理解するに至ったかに着目してください。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
  • ダイヤモンド・オンライン 関連記事
    お金のウソ

    お金のウソ

    中野晴啓 著

    定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年7月

    <内容紹介>
    誰も教えてくれなかった「お金の真実」!親の言うことを聞いているとお金が減る。 20代、30代がこれから生き抜くための本当に必要で最低限の知識。 成長なき「成熟経済」の時代に、お金を着実にふやして、守り、安心を手に入れるには、 預金、保険、銀行、投資…お金をふやすには、どうつきあうのが正解?

    本を購入する
    ダイヤモンド社の電子書籍

    (POSデータ調べ、8/6~8/12)



    飛田 基

    ライフコーチ/ゴールドラットコンサルティング・プリンシパル/NPO法人 教育のためのTOC 日本支部理事。 1974年生まれ。早稲田大学理工学部卒業後、米国フロリダ大学にて化学物理の博士号を取得。日立製作所基礎研究所に勤めたのち、エリヤフ・ゴールドラット博士のTOC(制約理論)に感銘を受け、TOCを適用する経営コンサルタントおよびライフコーチに転身。現在、ゴールドラットコンサルティング・プリンシパルとして産業界の既成概念を打ち破り、未解決問題へのブレークスルー実現に取り組む。また、ゴールドラット博士が設立したNPO法人「教育のためのTOC」の世界最高位資格であるマスターリード・ファシリテータとして活躍中。

     


    考える力の育て方

    子どもが将来社会で活躍するためには「考える力」をつけることが大切です。この連載では、クラウド、ブランチ、アンビシャス・ターゲット・ツリーという3つの思考ツールを使って、対立解消力や論理力、目標達成力を伸ばす秘訣をご紹介します。ツールを開発したのは、世界的ベストセラー『ザ・ゴール』の著者でイスラエルの物理学者、エリヤフ・ゴールドラット博士。今では世界25ヵ国、800万人以上がこの方法を活用しており、「5歳児にもわかりやすく、経営者が使えるほどに奥が深い」と高く評価されています。

    「考える力の育て方」

    ⇒バックナンバー一覧