ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
社会貢献でメシを食う。NEXT 竹井善昭

東北復興のためにも、日本ブランド回復を。
「放射能との戦い」に打ち勝つために。

竹井善昭 [ソーシャルビジネス・プランナー&CSRコンサルタント/株式会社ソーシャルプランニング代表]
【第50回】 2011年8月23日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 ひとつのレポートがある。「東日本大震災と原発事故が日本のブランド力に対して、どのような影響を与えたか?」について調査したものだ。調査したのは、世界最大のブランド・コンサルティング会社「インターブランド」の日本法人である株式会社インターブランドジャパンである。

 ビジネス・パーソンならマーケティングにおけるブランディングの重要性は理解できているだろうが、ドラッカーも指摘するように、経営とは詰まるところマーケティングとイノベーション。つまり、ブランド価値、ブランド力の評価は最も重要な経営指標であると言える。そのブランド価値、ブランド力が震災や原発事故によってどのような影響を受けたのかを知ることはやはり重要だろう。

 調査は「自動車」「コンシューマーエレクトロニクス」「化粧品・トイレタリー」「食品・飲料」「アパレル」の5つの業界について、アメリカ、イギリス、中国の一般生活者を対象に行なわれた。それぞれのブランドについて「信頼できる」「安全」「高品質」「スタイリッシュ」「親しみやすい」の5項目についてブランドイメージ(以下「イメージ評価項目」)を指標とし、海外での日本ブランドのブランド力の変化を検証している。調査概要は以下の通りだ。

・対象国(都市):アメリカ(ニューヨーク)、イギリス(ロンドン)、中国(上海)
・対象者:一般生活者、20~50代男女
・標本数:アメリカ:n=108、イギリス:n=109、中国:n=109
・対象業種:自動車、コンシューマーエレクトロニクス(以下、家電)、化粧品・トイレタリー、食品・飲料、アパレル
・調査方法:ウェブ調査(提携調査会社のオンラインパネルからの抽出)
・調査ボリューム:10分程度
調査期間:2011年4月29日~5月5日

>>詳しい調査レポートはこちら

 この調査によって分かった主な傾向は以下の通り。


◎ポイント1:
震災と原発事故の影響で、海外での「日本ブランド」のブランド力は12%減。

◎ポイント2:
特に中国で「日本製品が放射能物質に汚染されている」という認識が強く、その結果ブランド力が22%大幅ダウン。

◎ポイント3:
業種別では食品(-20%)、化粧品・トイレタリー(-13%減)への影響が大きい。

◎ポイント4:
これまでの「日本ブランド」の強みであった「安全」(-17%)、「信頼」(-14%)のイメージが大きく毀損。

◎ポイント5:
震災の影響は、国、業種、イメージによって大きく異なる。


放射能への不安感で
食品・飲料ブランドが著しく毀損

 つまり、「中国でのイメージ低下」が特に著しく、「食品・飲料のブランド力が毀損」されており、「放射能に対する不安感が強い」ということだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

竹井善昭 [ソーシャルビジネス・プランナー&CSRコンサルタント/株式会社ソーシャルプランニング代表]

マーケティング・コンサルタントとしてクルマ、家電、パソコン、飲料、食品などあらゆる業種のトップ企業にて商品開発、業態開発を行なう。近年は領域を社会貢献に特化し、CSRコンサルタント、社会貢献ビジネスの開発プランナーとして活動。多くの企業にてCSR戦略、NGOのコミュニケーション戦略の構築を行なう。「日本を社会貢献でメシが食える社会にする」ことがミッションに、全国各地で講演活動を行なう。ソーシャル系ビジネスコンテストや各種財団の助成金などの審査員多数。また、「日本の女子力が世界を変える」をテーマに、世界の女性、少女をエンパワーメントするための団体「ガール・パワー(一般社団法人日本女子力推進事業団)」を、夫婦・家族問題評論家の池内ひろ美氏、日本キッズコーチング協会理事長の竹内エリカ氏らと共に設立。著書に『社会貢献でメシを食う。』『ジャパニーズスピリッツの開国力』(いずれもダイヤモンド社)がある。

株式会社ソーシャルプランニング
☆竹井氏ブログ 社会貢献でメシを食う〝REAL(リアル)〟
☆Twitterアカウント:takeiyoshiaki


社会貢献でメシを食う。NEXT 竹井善昭

CSRやコーズマーケティングをはじめ、「社会貢献」というテーマがポピュラーとなったいま、「社会貢献のセカンドウェーブ」が来ている。新たなサービスやプロジェクトのみならず、新たな主役たちも登場し始めた。当連載では話題の事例を取り上げながら、社会貢献的視点で世の中のトレンドを紹介していく。
*当連載は、人気連載『社会貢献を買う人たち』のリニューアル版として、2014年1月より連載名を変更しました。

「社会貢献でメシを食う。NEXT 竹井善昭」

⇒バックナンバー一覧