私語が多い社員や派遣社員に何度も注意!でも状況が改善されなかったことはありますか?(写真はイメージです) 

 あなたの周りに、仕事ができなさそうに見える上司・同僚・部下はいませんか?そのような人たちに対して、あなたは腹を立てているかもしれません。でも、本当に彼らをきちんと理解できているでしょうか?

 実はそんな『トンデモ社員』こそ、会社を救う存在かもしれないのです。

 旅行代理店にかつて勤めていた女性Aさんが10年弱勤務して主任になった頃、20代そこそこのトンデモ派遣社員が隣の部門に入社してきました。派手好きで、よく蛍光色の服で出勤してくる女性だったことから、Aさんは陰で「ピンク」とあだ名をつけていました。

 ピンクは明るくていいのですが、とにかく甲高い大きな声で話すのでAさんにとってはうるさく、しかもほとんどが私語。困ったことに、若い男性社員がその無駄話に付き合ってしまうものだから、ピンクは仕事がなかなか進んでいないようです。

「飲み屋じゃないんだから!」とAさんは、耳をふさぎたくなりながらも、少し遠く離れた机の「島」をイヤそうに見ていました。

 コンピュータデザインの専門学校を卒業したピンクは、国内旅行のパンフレット作成を担当していました。ピンクはムードメーカーですが、仕事が手についていない時間が多いこともあり、進行は早くありません。チームで業務を行っているため、結果的にパンフレットは完成していても、傍目から見るとピンクの作業分はとても少ないようです。まだ入社して日が浅く慣れていないこともあり、それでも許されていました。