99%の人間関係は『9code(ナインコード)』で解決できる!
経営コンサルタントである著者が、歴史上の偉人から有名タレントまで、世界最古の『易経(えききょう)』をベースに、運命学、帝王学などを交え、1万人のサンプリングを体系化した『“強運を呼ぶ”9code(ナインコード)占い』が本日発売。発売前に重版が決まるなど、いま、話題となっている。
「水の一白」「大地の二黒」「雷の三碧」「風の四緑」「ガイアの五黄」「天の六白」「湖の七赤」「山の八白」「火の九紫」など、人間は9タイプしかいないと断言。「本当の自分」がわかり「人間関係」の悩みが解消、2034年までの幸運バイオリズムが一目でわかる、という著者にこっそり語ってもらった。

運のいい人、悪い人、
どこで差が出る?

 世界最古の『易経(えききょう)』はそもそも「変化の書」と言われるほど、時の流れを研究して、時を読み解く統計学です。
 そして、時を読み解くために使うのが、ここで紹介する『バイオリズム』(運命の進行表)なのです。

 成功者と失敗者の明暗を分けるひとつの基準として、よく運の「いい人」と「悪い人」といわれます。
 確かに、ビジネスでも、プライベートでも、何をしても成功する人もいれば、失敗する人もいますが、果たしてそれは「運」の問題なのでしょうか?
……断じて違います!!
 ハッキリ言えば、世の中に偶然なんてありません。すべては必然なのです。
 物事の顛末には、必ず原因があり、経過があって、結果があるのです。

 では、何をやってもうまくいく人と、何をやってもうまくいかない人、その根本的な理由は何なのでしょうか?

 そう、「時」を読めるか否か、これに尽きます。

『9code(ナインコード)占い』のベースは、世界最古の『易経』にあります。
『易経』は時の流れを研究し、時を読み解く統計学です。
 そして、その際に、時を読み解くために使う方程式が『バイオリズム』と呼ばれるものなのです。

 成功する人と失敗する人……あなたがこのどちらになるかは、「くるべきタイミングで、そのときにするべきことをしているか」にかかっています。

 つまり、「時を読んで、『バイオリズム』に合った行動ができるか否か?」がすべてを決めるのです。