99%の人間関係は『9code(ナインコード)』で解決できる!
経営コンサルタントである著者が、歴史上の偉人から有名タレント、経営者まで、世界最古の『易経』をベースに、運命学、帝王学などを交え、1万人のサンプリングを体系化。「水の一白」「大地の二黒」「雷の三碧」「風の四緑」「ガイアの五黄」「天の六白」「湖の七赤」「山の八白」「火の九紫」など、歴史上の偉人から有名人まで、人間は9タイプしかいない。「本当の自分」がわかり「人間関係」の悩みが解消するという『“強運を呼ぶ”9code(ナインコード)占い』が発売たちまち第4刷となった。
『9code(ナインコード)』とは一体どんなものか? 2034年までの幸運バイオリズムが一目でわかるという著者にこっそり語ってもらった(文中敬称略)。 

モノ・情報を流し、
人々を楽しまるユーモアマン

『9code(ナインコード)占い』では、人間を地球生命体の一部と考え、どんな人間も「生年月日」で次の9タイプに分けられます(『9code(ナインコード)』判定法は本書にあります)。

1.水の一白(いっぱく)
2.大地の二黒(じこく)
3.雷の三碧(さんぺき)
4.風の四緑(しろく)
5.ガイアの五黄(ごおう)
6.天の六白(ろっぱく)
7.湖の七赤(しちせき)
8.山の八白(はっぱく)
9.火の九紫(きゅうし)

 湖の七赤人は、集めて流す・広げる=流通させる気性を持つ人で、お金も商材もどんどん流通させるのが天命です。

 原典である『易経』には、「兌為澤(だいたく)」とあります。この特性は、「口」を使って人々を楽しませて、笑顔を与えることで、湖やオアシスをつくって繁栄するタイプなのです。

「兌為澤」の「兌(だ)」は自然界では「澤(さわ)」の意味を持ち、水が集まってできる湖、沼を表します。
 また、人体では「口」で雄弁、柔和、愛嬌などを象徴します。
 そこには動物たちを癒すオアシスがあることから、その特性から人々を楽しませ、癒し、安らぎを与えるという使命があるのです。

 雨が水の流れになり、小さな澤になり、小さな澤が集まって大きな川となり、湖となる。
 その結果が人々を潤す。よって、まわりの人を喜ばせることや、会話や表現力、情報伝達力によって人と人とをつなぐことも「湖の七赤」の特徴です。

 ユーモアな人物も多いのが、このタイプ。
 湖の七赤人で有名な人物といえば、パナソニックを一代で築き上げた松下幸之助です。
 彼は、世の中にあるすばらしいものを探して、それをみんなが喜ぶように流通させて、世の中に潤いと笑顔を与えた人物。

 まさに、「湖の七赤」の天命を全うしたからこそ、歴史に名を残す、偉大な経営者となったのです。

「湖の七赤人」は明るく高い社交性があり、誰とでもつき合うことができます。
 ですから、営業職などは、まさに天職といえましょう。