99%の人間関係は『9code(ナインコード)』で解決できる!
経営コンサルタントである著者が、歴史上の偉人から有名タレント、経営者まで、世界最古の『易経』をベースに、運命学、帝王学などを交え、1万人のサンプリングを体系化。「水の一白」「大地の二黒」「雷の三碧」「風の四緑」「ガイアの五黄」「天の六白」「湖の七赤」「山の八白」「火の九紫」など、歴史上の偉人から有名人まで、人間は9タイプしかいない。「本当の自分」がわかり「人間関係」の悩みが解消するという『“強運を呼ぶ”9code(ナインコード)占い』が、発売たちまち重版出来となった。
『9code(ナインコード)』とは一体どんなものか? 2034年までの幸運バイオリズムが一目でわかるという著者にこっそり語ってもらった(文中敬称略)。 

人の心に寄り添う風となれ

『9code(ナインコード)占い』では、人間を地球生命体の一部と考え、どんな人間も「生年月日」で次の9タイプに分けられます(『9code(ナインコード)』判定法は本書にあります)。

1.水の一白(いっぱく)
2.大地の二黒(じこく)
3.雷の三碧(さんぺき)
4.風の四緑(しろく)
5.ガイアの五黄(ごおう)
6.天の六白(ろっぱく)
7.湖の七赤(しちせき)
8.山の八白(はっぱく)
9.火の九紫(きゅうし)

「風の四緑」は、風のようにやわらかな柔軟性を持っています。

 どんな人の心にもスッと入り込んで、人と人との縁を結びながら信頼を得ていくことを得意とします。

 四緑の「緑」は、成長の過程にある若葉の緑。若々しいイメージを象徴しています。

 原典である『易経』には、「巽為風(そんいふう)」とあり、この特性は、風のように無色透明かつ無臭で、柔軟性を持った性質から、ぶつかる対象が見つかることで自分の力を発揮し、流れに逆らわず人に従うことで運命を切り拓いていくタイプです。

「巽(そん)」は従う、遜(へりくだ)る、伏入(ふくにゅう)することです。
 これは自然界の「風」を象徴します。
 風が吹きぬけるように、小事は通じて何事もよくなるでしょう。
 有識者とも難なく相談するため、「報・連・相(報告・連絡・相談)」にも強いと言えます。

 風は目に見えません。加えて、無味無臭でもあるので、風の四緑人はあまりクセがありません。だからこそ、人に警戒心を与えず、どんな人の心の中にも入っていけるのが最大の特徴です。

 誰とでも接していけるので、これがよい方向に働けば、「人好き」「世話好き」な人柄で、まわりにはさわやかな人の輪ができてきます。