ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

グーグルによるローカル情報囲い込みが加速!
レストランガイドの名門「ザガット」買収の意味

瀧口範子 [ジャーナリスト]
【第162回】 2011年9月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 グーグルが、レストランのレビューで知られるザガットを買収した。買収額は、1億2500万ドル(約97億円)とも言われている。

 ザガットは、30年以上の歴史を持つレストランのガイドブックだ。世界各地のレストランを、味やサービス、店の作りなどで評価し、欧米を中心に外食好きにとってはバイブル的存在となっている。オンライン版のユーザーも多い。

 だが、そのザガットを買収して、グーグルは一体何をするつもりなのか。

 まず、今回の買収が驚きだったのは、自社製コンテンツを抱えないことで知られるグーグルの「方向転換」のようにも思われるからである。グーグルはこれまで、ニュースにせよ地図上の情報にせよ、すべてはどこか他で作られたコンテンツを機械の力で自動的にまとめるか、ユーザーたちが自分で生み出すクラウドソースに頼るかといった方法をとってきた。

 ザガットは、そのレストランへ行った人々がレビューを送り、それが元になっているという点ではクラウドソースっぽいが、実際には手作業によるまとめや編集作業を経ており、パッケージ化されたコンテンツと言える。グーグルはこれまでこうしたコンテンツに見向きもしてこなかったのである。

 ただ、ひとつ明らかなのは、グーグルが現在、ローカル情報にかなり力を入れていることだ。グルーポンにも似た地元クーポンのグーグル・オファーズ、いろいろな場所にチェックインしたり友達の居場所を知ったりするグーグル・ラティチュードに加えて、地図関連でもローカル情報の拡充に余念がない。

 たとえば、グーグル・プレースという無料のプラットフォームをローカル・ビジネスに売り込み、グーグル・マップ上に地元の店やレストランが詳しくプロットされている。スマートフォン上の音声合成ガイドが、そこへ行く道順を伝えてくれるなど、グーグルのサービスを利用するとかなりのことができるようになってきた。そこへザガットが加われば、グーグルが提供するローカル情報の精度がさらに高まるわけだ。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック

瀧口範子 [ジャーナリスト]

シリコンバレー在住。著書に『行動主義: レム・コールハース ドキュメント』『にほんの建築家: 伊東豊雄観察記』(共にTOTO出版)。7月に『なぜシリコンバレーではゴミを分別しないのか?世界一IQが高い町の「壁なし」思考習慣』(プレジデント)を刊行。


ビジネスモデルの破壊者たち

シュンペーターの創造的破壊を地で行く世界の革新企業の最新動向と未来戦略を、シリコンバレー在住のジャーナリストがつぶさに分析します。

「ビジネスモデルの破壊者たち」

⇒バックナンバー一覧