ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
スマートフォンの理想と現実

誤報なら良かった!このまま撤退で良いはずがない
シャープのガラパゴス事業に期待される進化

クロサカタツヤ [株式会社 企/株式会社TNC 代表]
【第7回】 2011年9月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

GALAPAGOS撤退?

 去る9月15日、シャープは情報端末「GALAPAGOS」(以下ガラパゴス)の初代モデルの販売終了を発表した。

 2010年12月に鳴り物入りで投入された同端末だが、すでに生産も終了し、在庫の販売申し込みも今月中に終了するという。

 この発表に対し、巷ではシャープのガラパゴス事業全体が終了するのではないか、という見方が広まった。当初の報道がそう読み取れるように書かれていたこと、またそもそも同社のガラパゴスというブランドの運用方法が分かりにくかったことから、こうした誤解が生じたのだろう。

 そう解釈されてしまう伏線も確かにあった。今年7月、ガラパゴスに搭載するOSを、Androidに変更したのだ。これにより、従来の「電子書籍専用端末」から、音楽やゲームを楽しめる、より一般的な情報端末へと変身を遂げた。ただ、電子書籍を強力にアピールした当初の打ち出し方からすれば、戦略が揺らいでいるようにも見えたのは事実である。

 こうした反響を受けて翌16日には、シャープの浜野稔重副社長が、ガラパゴス事業は辞めず、むしろ強化していくことを発表。電子書籍等のコンテンツサービスはもちろん、端末についても来年中に新機種を投入すべく開発中であることを明かした。

 当初からシャープ自らが宣言しているように、同社のガラパゴス事業はサービス事業であり、「ものを作って売る」というメーカーの基本的なビジネスモデルとは抜本的に異なる。そうした不慣れな事業に敢えて正面から取り組む覚悟を、関係者は以前から強調していた。

 それだけに、「成果が出なかったからといって、わずか1年弱で撤退するのは、さすがにないのでは?」と思っていたのだが、やはり事実関係は異なっていたようだ。

続けなければ信頼は得られない

 一方で、あたかもシャープがガラパゴス事業からの「全面撤退」を決断したかのように断じ、かつそれを評価するという声も、少なくなかった。曰く、日本のメーカーにしては迅速な意思決定であり、浅い傷で済んだのではないか、というものである。

 確かにそうした考えにも一理はある。そしてそうした迅速な意思決定と無駄の削減が、過去10年近く日本企業を「筋肉質」にしてきたとも言える。

 しかし、もしシャープが本気でこの事業に取り組もうとしているなら、参入後1年足らずで撤退するというのは、やはり間違っている。同社とてこうした領域では新参者である以上、「ちょっと手を出しては失敗してすぐ撤退」というやり方では、ステイクホルダーの信頼を得られるはずもないからだ。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック

クロサカタツヤ[株式会社 企/株式会社TNC 代表]

1975年生まれ。慶應義塾大学・大学院(政策・メディア研究科)修了後、三菱総合研究所にて情報通信分野のコンサルティングや国内外の政策調査等に従事。その後2007年に独立し、現在は株式会社企(くわだて)代表として、通信・メディア産業の経営戦略立案や資本政策のアドバイザー業務を行う。


スマートフォンの理想と現実

2011年はスマートフォンの普及が本格化する年になる…。業界関係者の誰しもがそう予感していた矢先に発生した東日本大震災は、社会におけるケータイの位置づけを大きく変えた。しかし、スマートフォンの生産に影響が及びつつも、通信事業者各社はその普及を引き続き目指し、消費者もまたそれに呼応している。震災を受けて日本社会自体が変わらなければならない時に、スマホを含むケータイはどんな役割を果たしうるのか。ユーザー意識、端末開発、インフラ動向、ビジネスモデル等、様々な観点からその可能性と課題に迫る。

「スマートフォンの理想と現実」

⇒バックナンバー一覧