ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
職あれば食あり

時間に正確、忙しいのが好きな謎のインド人
「立川談デリー」が日本とインドの架け橋になれた理由

まがぬまみえ
【第19回】 2011年9月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 母国インドで日本語を学び、その達者な話術で一躍、旅行会社のカリスマ社員となったマルカスさん。1991年に独立し、旅行会社「アサヒトラベルサービス」を立ち上げたかと思えば、98年にはあの「立川流」に入門。家元の立川談志さんと漫才コンビを組み、「立川談デリー」として舞台に上った。

 その詳しい経緯は前編(第18回)でご紹介した通りだが、彼の飽くなき挑戦はここでは終わらなかった。

 談デリーことマルカスさんにはもうひとつ、ある重大な“ミッション”があったのである。

あの談デリーはいま、日本を救うべく
「インドビジネスの水先案内人」に

 「日本、今とても大変です。わたし、日本のこと心配しています。だから、こんど、こういう講座を開きます」

 そう言うと、マルカスさんは一枚の案内を見せてくれた。

 「インドビジネス講座?」

 メイン講師はもちろん、本人。ゲスト講師は、在日30年以上のインド人コンサルタントと日本企業のインド進出をサポートしているインド人弁護士である。

 「日本の人はインド人、みなターバン巻いてヘビ使いしていると思っていますね」

 「……?」

 「インドには今、ヘビ使いはあまりいません。その代わり、増えているのはネズミ使いです」

 「???」

 「マウスのことです」

 マルカスさんは続ける。

 「インドの人口、12億人です。そのうち20%は日本と同じ生活をしています。残り80%はこれから豊かになる。だから、日本にとってインドは必要なマーケットです」

 「日本の中小企業の人たち、こう言います。インドは遠い、日本食ない。大丈夫、解決できます。日本の方がもっとたくさんインドに行きますと、インドにもっと日本食増えます」

 ポジティブである。

 「だけど、ちょっと困ることもありますね。12億人が日本食好きになる。そしたら、マグロ、全部食べちゃうかもしれない」

 日本食は輸出したいが、マグロは食べたい。昨今のグローバルビジネスとは、かくも悩み深きものなのだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


職あれば食あり

人は食べるために働くのか、それとも、働くから食べなければならなくなるのか。そんな素朴な疑問を解き明かすべく、さまざまな職業に従事する人々のランチと人生を追いかける。「職」と「食」の切っても切れない関係を解きほぐす、お仕事紹介ルポ。

「職あれば食あり」

⇒バックナンバー一覧