ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

あらゆる体系において中核のコンセプトは形態である

上田惇生
【第117回】 2009年2月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
テクノロジストの条件
ダイヤモンド社刊
1890円(税込)

 「モダンの世界観とは、17世紀前半のフランスの哲学者デカルトのものである」(『テクノロジストの条件』)

 この間、心底デカルトを信奉した哲学者はほとんどいなかったとドラッカーは言う。だが、モダンと呼ばれた時代の世界観は、あくまでもデカルトのものだった。

 第1に、デカルトが世界とその秩序についての公理を定めた。その一つの表れが、「科学とは因果関係についての知識」であるとのフランス学士院の定義だった。端的にいうならば、それは「全体は部分によって規定される」との、科学者でも哲学者でもない者には、とうてい理解しがたい定義だった。

 第2に、デカルトが知識の体系化についての公理を定めた。すなわちコンセプト間の関係について定量化をもって普遍的基準とした。

 この主張は当然のことのように見える。なにしろ350年来、当然のこととされてきた公理である。

 しかし、今日、このフランス学士院の定義をそのまま使う科学者など一人もいない。今日の科学と芸術は、デカルトの公理とは相いれることのない世界観を基盤にしている。

 「今日ではあらゆる体系が因果から形態へと移行した。あらゆる体系が、部分の総計ではない全体、部分の総計に等しくない全体、部分によっては識別、認識、測定、予測、移動、理解の不可能な全体というコンセプトを自らの中核に位置づけている。つまるところ、今日のあらゆる体系において中核のコンセプトは形態である」(『テクノロジストの条件』)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

上田惇生(うえだ・あつお) 

 

ものつくり大学名誉教授、立命館大学客員教授。1938年生まれ。61年サウスジョージア大学経営学科留学、64年慶應義塾大学経済学部卒。経団連、経済広報センター、ものつくり大学を経て、現職。 ドラッカー教授の主要作品のすべてを翻訳、著書に『ドラッカー入門』『ドラッカー 時代を超える言葉』がある。ドラッカー自身からもっとも親しい友人、日本での分身とされてきた。ドラッカー学会(http://drucker-ws.org)初代代表(2005-2011)、現在学術顧問(2012-)。

 


3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

マネジメントの父と称されたドラッカーの残した膨大な著作。世界最高の経営学者であったドラッカーの著作群の中から、そのエッセンスを紹介する。

「3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言」

⇒バックナンバー一覧