ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
短答直入

横浜銀行頭取 寺澤辰麿
個人向け国債の販売を推進
銀行の国債保有リスクも減る

2011年9月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
Photo by Kazutoshi Sumitomo

──国税庁長官、コロンビア大使を歴任し、6月から横浜銀行の頭取に就任したが、外から見て気づいたことはあったか。

 顧客の満足度を高めるというのが、横浜銀行の伝統的な考え方としてある。とはいえ行員にはノルマがあって、それを達成するために一生懸命働いている。

 それは当然のことなのだが、私から見ると、本当に顧客のためになっているか、そうではなく銀行のためになっていないかと思うこともある。

──銀行経営の経験がないことを不安視する声も聞かれる。

 確かに銀行でずっと働いてきた人と、私とは違うと思うところはある。

 たとえば、銀行員は顧客から預かった預金を貸すことが、とにかく重要だとDNAにたたき込まれている。しかし、私の目から見ると、銀行というのは貸し付けだけでなく、もっといろんな機能があるのではないかと思う。

 2000年前後から資金の流れが大きく変わってきていて、それまで資金不足だった企業部門が資金余剰になってきている。貸し付けが順調に伸びる時代ではない。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


短答直入

円高や原燃料高など、企業の経営環境が厳しさを増すなか、日本を代表する企業のトップはどんな成長戦略を講じているのか。話題の企業の内実に鋭く切り込むインタビュー。

「短答直入」

⇒バックナンバー一覧