ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
チェーンストアエイジThe Interview

西友CEO
兼ウォルマート・ジャパン・ホールディングスCEO
スティーブ・デイカス
店舗数、M&A、総菜、ネットスーパー
いよいよ拡大路線に舵を切る!

チェーンストアエイジ
【第44回】 2011年10月14日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

2011年6月20日に西友(東京都)の最高経営責任者(CEO)に就任したスティーブ・デイカス氏(ウォルマート・ジャパン・ホールディングスCEO)。東日本大震災後の日本の小売市場でどのような成長戦略を描くのか? これまでの西友の戦略に変更はあるのか? そしてM&A(合併・買収)は──。スティーブCEOに聞いた。聞き手/千田直哉(チェーンストアエイジ)

使命は「Save money. Live better.」
今まで以上にお客さまへ貢献する

西友CEO兼ウォルマート・ジャパン・ホールディングスCEO スティーブ・デイカス
Steve Dacus 1960年生まれ。サンディエゴ州立大学卒業。2007年8月、ウォルマート・ストアーズ・インクへ入社、国際部門の商品本部、マーケティング本部などを統括。09年2月、ウォルマートのサムズ・クラブ(会員制ホールセールクラブ)へ異動、テクノロジー&エンターテイメント部門のGMM(ゼネラル・マーチャンダイズ・マネジャー)に就任。10年4月、西友執行役員EVP(エグゼクティブ・バイス・プレジデント)最高執行責任者(COO)兼ウォルマート・ジャパン・ホールディングス執行役員EVP・COOに就任。2011年6月20日から現職。米国公認会計士。

──6月20日に西友とウォルマート・ジャパン・ホールディングスのCEOに就任されました。 東日本大震災後の日本の小売市場をどのようにとらえていますか?

スティーブ 日本は世界で3番目の大きな市場ですが、「向かい風」の中を進んでいると感じています。震災の影響はもちろんありますが、中長期的に見て消費に大きな影響を及ぼしているのは、可処分所得が下降の一途をたどっていることです。
多くの日本人の家計は苦しい状況がずっと続いています。そして可処分所得が減り続ければ、今までと同じレベルの生活を保っていくことは難しくなってくるでしょう。

 われわれの使命はSaving people money so they can live better、つまり「お客さまの節約に貢献してよりよい生活を送っていただく」ことです。したがって使命を果たすためにわれわれは日々精進し、大震災を契機に、さらにお客さまへの貢献度を高めることができるのではないかと考えています。

 それは、大震災以降、お客さまや当社の従業員の価値観や人生観に変化が見られるようになったことと無関係ではありません。

 

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

チェーンストアエイジ

『チェーンストアエイジ』誌は、創刊40年を迎える隔週発行の流通ビジネスマン必携・必須の情報誌です。マーケティング&イノベーションにつながるビジネスヒントを満載。徹底的に現場を取材し、データにこだわることで流通業界内外において、キラリと異彩を放っています。GMS(総合スーパー)、食品スーパー、コンビニエンスストア、ドラッグストア、ホームセンター、専門店チェーン、インターネットリテーラーほか、卸売業、製造業など最新・最重要なニュースとデータをご提供します。
最新号の内容・購読お申し込みはこちら


チェーンストアエイジThe Interview

『チェーンストアエイジ』誌の編集長が、折々、流通業界でもっとも注目されているトップに猛烈接近して、読者の聞きたいタイムリーな回答を引き出します。

「チェーンストアエイジThe Interview」

⇒バックナンバー一覧