99%の人間関係は『9code(ナインコード)』で解決できる!
経営コンサルタントである著者が、歴史上の偉人から有名タレント、経営者まで、世界最古の『易経』をベースに、運命学、帝王学などを交え、1万人のサンプリングを体系化。「水の一白」「大地の二黒」「雷の三碧」「風の四緑」「ガイアの五黄」「天の六白」「湖の七赤」「山の八白」「火の九紫」など、歴史上の偉人から有名人まで、人間は9タイプしかいない。「本当の自分」がわかり「人間関係」の悩みが解消するという『“強運を呼ぶ”9code(ナインコード)占い』が発売たちまち第4刷となった。
『9code(ナインコード)』とは一体どんなものか? 2034年までの幸運バイオリズムが一目でわかるという著者にこっそり語ってもらった(文中敬称略)。

さわやかな初夏の風
“縁”をつないで栄養補給
【陽3年】成功の法則

 【陽3年】(物事を整える選定・バランス期)のイメージは、さわやかな風が心地よい、初夏の季節です。

 【陽2年】での行動力はそのまま【陽3年】の運気となって、「人・もの・金・情報」の交流が増え、物事の成長を助けます。
 この時期に大切なのは、様々な“縁”を築くことです。

 真面目に取り組んでいる人は、この頃には、“夢の実現”のための栄養分となる「信用」「支援」が増えてくるでしょう。

 仕事においても、たくさんの“縁”が生まれ、商談、縁談が絶えません。
 この“縁”を大切に育ててください。

 ただし、注意点が一点あります。
 縁は縁でも、“悪縁”も巻き込んでしまうのが、この年の特徴です。
 だからこそ、これは「いい縁」なのか? 「悪い縁」なのか?見極める必要性があります。
 悪い縁は、人に嫉妬されたり、足を引っ張られたり、夢の実現を邪魔されるだけですから。

 盆栽などをやっている人はイメージがつきやすいでしょうが、木を育てることにおいて、育てたい枝があった場合、いらない枝を見極めて、切ってしまうことで、育てたい枝に栄養を集中させるテクニックがあります。

「縁を切る」のは、忍びない気持ちもあると思いますが、そんな実行力も、ときには必要です。
 うまく、あと腐れがないように、上手に枝(縁)を切っていく訓練もしていきましょう。

 また、本書で詳しく解説していますが、この【陽3年】は※「四緑の部屋」に入ることになります。【陽3年】の位置にいる人は、この年、「風の四緑」の生き方を学ぶことも、人間力を磨くのに大切なことです。本書にて、ぜひ学んでみてください。

※これを『9code(ナインコード)占い』では、「定位」「定盤」と呼び、位置は一定で変わりません。