ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
絶対内定
【第3回】 2011年10月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
熊谷智宏 [我究館館長]

同じ話なのに、面接官の食いつきが違う!
なぜか採用される人の「アピールの法則」

1
nextpage

同じ大学・学部出身、バイトや卒論、サークル活動にボランティア、
他の学生と同じような経験をしているはずなのに、
エントリーシートや面接で落ちる人と受かる人がいるのはなぜか。
明暗を分けるカギは、エピソードを語る「切り口」にあった!
第3回は、切り口の違いで輝きも変わる「アピールの法則」を伝授する。

企業が欲しいのは、変わった経験をした人ではなく、
経験から何かを学んだ人

 サークルの会長だった、ゼミの幹事だった、アルバイトのリーダーだった。 はたまた海外留学経験、研究室で特許を取得した等、学生時代に輝かしい功績のある人は、堂々と学生生活についてESにも書けるし、面接でも語れる。しかし、多くの学生は「自分は特にこれといった経験がないので、何を伝えればいいのかわからない」と悩んでいる。

 気持ちはよくわかる。しかし、ここで冷静に考えてほしい。企業にとっては、「一緒に働きたい学生」を見つけるための採用活動だ。変わった経験をした人を探しているわけではない。重要なのは経験そのものではなく、経験を通じて何かを学んだきみ自身なのだ。このことを忘れてはならない。

 となると、大事なのは経験ではなく、経験を通じた人物像、つまりきみが「どんな人なのか」を伝えることだということは言うまでもない。 そこで今回は、より採用担当者に響く「アピールの法則」を紹介したい。

アピールの法則:受動的な行動より、能動的な行動

 みんながやってしまいがちな「残念なアピール」の一番は、受動的な行動になってしまっているものである。これは本当に多い。

 具体的には、たくさんの本を読んだとか、音楽を聴いたといった「影響を受けた」体験のこと。それはもちろん尊い。だがそれよりも、楽器を演奏した、本を書いたという「能動的な行動」つまり「影響を与えてきた」経験のほうが評価は高いのである。

 例えば単位を取るのが厳しい授業について、語るとしよう。単に「単位取得を頑張りました」では、その他大勢から抜け出すことは難しい。受け身的に勉強した(インプットした)話ではなく、どれだけ教授や他の学生に刺激を与えたのかという切り口で語るのだ。実際の自己PRの例を比較してみるとわかりやすいので、見てみよう。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


 

熊谷智宏(くまがい・ともひろ) [我究館館長]

我究館館長。横浜国立大学を卒業後、(株)リクルートに入社。2009年、(株)ジャパンビジネスラボに参画。
現在までに2500人を超える大学生や社会人のキャリアデザイン、就職や転職、キャリアチェンジのサポートをしてきた。
難関企業への就・転職の成功だけなく、MBA留学、医学部編入、起業、資格取得のサポートなど、幅広い領域の支援で圧倒的な実績を出している。また、国内外の大学での講演や、執筆活動も積極的に行っている。
著書に『絶対内定2016』シリーズがある。

【キャリアデザインスクール・我究館】http://www.gakyukan.net/
心から納得のいくキャリアの描き方と実現をサポートする就職・転職コーチングスクール。1992年の創立以来、20年以上にわたり全業界に7200名の人材を輩出。
日本を代表するコーチ陣が、就職、転職、ロースクールや医学部進学、MBA留学、資格取得等、次の成長機会を模索し、その実現に悩む人々をバックアップしている。


絶対内定

1994年の創刊から20年以上のロングセラー、現在も大学生協売上1位を誇る『絶対内定』シリーズ。今では当たり前の「自己分析」の考えを、就活にはじめて取り入れたのが本書で、先輩やOB・OGのみならず、企業の人事・採用担当者にも支持されている。
連載では、『絶対内定』シリーズの執筆陣による、就活において大切な考え方や手法、最新就活事情などをお届けする。

「絶対内定」

⇒バックナンバー一覧