空虚なイデオロギー論争を超えて
有権者の選択の基準

 大阪において、自民党と維新の2強の狭間で戦う候補者とのディスカッションは実に有意義なものだった。
 
 東京都議会議員選挙の前から小池都知事と協力していた音喜多都議が都民ファーストの会を離党した。まだ都政で実績を上げてもいないのに、焦りすぎではないか、と、筆者は思う。ただ、選挙は数年に一回しかないイベント。ここで政界再編を促進させた豪腕は評価に値するという見方もあろう。

 ただ、希望の党の候補者を眺めてみると、首をかしげざるを得ない人選が目につく。筆者が最も驚愕したのは、希望の党が宮崎県3区で公認した花輪智史氏だ。花輪氏は世田谷区選出の元東京都議会議員で、築地市場の移転・再整備に関する特別委員会の委員長を務めていた。

 そして、花輪氏が最終的に民主党を飛び出て賛成票を投じたことで、築地移転が決断されたのだ。その後、花輪氏は自民党の推薦を得て世田谷区長選に出馬して落選し、その後、日本維新の会から衆議院議員選挙と東京都議会議員選挙に出馬している。もはやほぼ全党制覇の“プロ政党サーファー”だ。

 その花輪氏を公認した上、宮崎県から出馬……。もはや意味がわからない。おそらく、同氏が中山恭子参議院議員の秘書であったことからねじ込んだものかと思われるが、きちんと人選をした結果とは思えない。