「これ提出してください」には
即決対応で時間短縮

 常に雑事に追われ、本当に頭を使うべきことに十分に時間が割けないと憂えるビジネスパーソンはさぞや多いことだろう。報告書や資料の作成、定例会議への出席、ちょっといいですか、と同僚から話しかけられ、合間に電話対応もこなす。雑務がひっきりなしに押し寄せ、そのうえアポイントも入ればあっという間に一日が終わってしまう。

 とくに若い間は、上司や先輩が打ち合わせの時間を決めるので、自分で時間をコントロールするのは一層難しい。そんな人が自分で使える時間を増やすためには、

1.余計なことに費やす時間を減らす
2.本来考える時間ではない時間に考える

 のいずれかしかない。

●どうでもよいことは即決する

 余計なことに費やす時間を減らすには、まずはどうでもよいことを即決することである。

 アンケートの回答、(誰も読まない)報告書、定型的な議事録など、どうでもよい(と思われる)ことは実は山のようにある。これらが自分の手元にまわってきたら即座に片付けてしまうのだ。アンケートは直感でテンポよく答えて提出し、報告書や議事録は要点だけを箇条書きすれば十分だ。