突然の乳首の痛み
(乳がんかも)と不安になった

「ひっ」

 香澄さん(仮名50歳)は、左胸の鋭い痛みに小さな悲鳴をあげた。それは今まで経験したことのない痛みだった。乳首の脇、乳輪の奥のほうに極細の針を刺し込むと同時に電流を流したような感じ…。いったい何が起きたのだろう。勤務中ではあるがトイレに行き、胸をのぞいてみたが、何ともなっていない。胸の中心あたりに赤い吹き出物のようなものが2、3粒あるだけだ。

 (おかしいなぁ。どうしたんだろう)

 席に戻り、仕事を再開してしばらくすると再びキュンと痛んだ。なんとなくわき腹から腋の下あたりも痛んでいるような気がする。

 (何、これ?)

 困惑しながらも我慢できないほどではなかったため、夕方までの勤務を終え、帰宅した。

 さっそくパソコンに「胸の痛み」と入力し、検索してみる。

 まず出てきたのは、「排卵時期なのかも」「妊娠しているのかも」「更年期だからかも」などの可能性。要するに、女性ホルモンの関係で、乳首が痛くなることがあるというのだ。

 しかし、既に閉経しているので、排卵も妊娠も関係ない。更年期による不定愁訴というのはあり得るが、こんなに突然来るものだろうか。なんとなく納得し難かった。