ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
カラダの悩み全解消!byダイヤモンドQ

妻が「夜の生活」を拒んだ理由
夫に告げられない悩みとは

ダイヤモンドQ編集部
【第3回】 2015年6月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

『ダイヤモンドQ』編集部の「カラダの悩み」特集のスタッフがある日、友人から『夜の生活』の悩みを打ち明けられた。溺愛していた妻が突然、夜の生活を拒み始めたという。その理由を聞けば、妻が夫の言えない病名にあった。

 「妻が、もう『夜の生活』は許してほしいって言うんだ。どうしよう」

ラブラブだったはずの若妻が突然、「夜の生活」を拒否して夫は戸惑うばかり

 記者(♀)はある日、友人の坂上さん(仮名。65才)から悩みを打ち明けられた。坂上さんはプロダクション社長。バツイチで、10年ほど前に20才年下の妻、晶子さん(仮名。45才)と再婚した。彼はこの妻がいとおしくて仕方ない。一男一女をもうけた現在も、人前で恥ずかしげもなくハグ&チューしてしまうほどだ。

 聞けば、彼は若い妻を満足させるため、食事や健康にも気を使い、懸命に「夜の生活」に励んできたのだという。それなのに…。

 「理由を尋ねても話してくれない。俺、嫌われちゃったのかな」

 記者は、晶子さんとも親しい。白髪頭をうなだれ、消え入りそうな声でつぶやく彼に代わって、本音を聞いてあげることにした。「彼を嫌いになったわけではないの。でもセックスはもう嫌」と晶子さん。

 聞けば、彼女は半年ほど前から、「夜の生活」が苦痛になっていた。濡れ方が少ない。快感がないだけではなく、挿入されるたび「すりこ木で傷口をぐりぐりされるような」痛みが伴う。早く果ててくれることを祈りながらひたすら耐えた。どうしてこんなことになってしまったのか。

 原因は更年期に伴う体の変化だ。ちょうど1年前、父親をがんでみとった直後から、晶子さんは生理の間隔が開くようになり、疲労感が強いなど体調が思わしくないこともあり、産婦人科で治療を受けてきた。毎月1回、薬で人為的に生理を起こす。「もう自然に生理が来ることはないのかな」と、一抹の寂しさを感じていたある日、出血が起きた。生理ではない。膣の中はひりひりと痛み、黄色いおりものまで出ている。意を決し、産婦人科医を受診すると、40代の男性医師はさらりと言った。

1
nextpage

「カラダの悩みを全解消」したいなら、
実用ライフスタイル誌ダイヤモンドQをどうぞ!

あなたのQuestionにズバッと答える雑誌、それがダイヤモンドQです。老人ホーム選び、病院選びから、資産運用、保育園選びまで、重大な決断を骨太の記事やランキングで手助けします。

2015年7月号 好評発売中(税込780円)

ダイヤモンドQ2015年7月号

第1特集「カラダの悩み全解消!!」
ED・薄毛からがんまで、最新の薬や治療法を総ざらい

第2特集「50才からの「英語」再入門」
英語ができれば、海外旅行やボランティアを楽しめる

新企画 劇場に行って「エンタメ」を楽しもう
ライブエンターテイメントの楽しみ方を紹介

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

ダイヤモンドQ編集部

あなたのQuestionにズバっと答える雑誌、それがダイヤモンドQです。保育園選び、学校選び、病院選び、老人ホーム選びなど、人は人生の節目で重要な決断をしなければなりません。ダイヤモンドQは、ランキングやエッジの聞いた骨太の記事であなたの「知りたい」に答えていきます。詳しくはホームページ[http://www.diamond.jp/gr/q]をご覧ください。


カラダの悩み全解消!byダイヤモンドQ

年をとると、いろいろとカラダの不調が出てくるものである。こうしたカラダのお悩み解消法について、本特集では、さまざまな薬や治療法を総ざらいして整理してみた。

「カラダの悩み全解消!byダイヤモンドQ」

⇒バックナンバー一覧