ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
コンテンツ業界キャッチアップ

満を持して投入する新型携帯ゲーム機「PS Vita」
ゼロからのスタートで、業界の閉塞感ごと打ち破りたい
――河野弘・ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン プレジデントに聞く

石島照代 [ジャーナリスト]
【第23回】 2011年10月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

ソニーの新型携帯ゲーム機「PS Vita」(プレイステーション・ヴィータ)が12月17日に発売される。9月に行なわれた「東京ゲームショウ2011」の一般公開日には、入場開始直後に試遊希望者が殺到、遊べない人が続出する状況となった。そして、今月15日にはいよいよ予約を開始。大手ネット通販サイトでは、開始直後から予約できない人が続出する一方で、有名家電量販店の店頭に未明から1000人以上が並んだ。大変な人気を集める「PS Vita」の魅力とビジネス・ポテンシャルについて、ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンの河野弘プレジデントに訊いた。

満を持して投入する「PS Vita」
ゲームショウや予約では手応えを感じた

かわの・ひろし/1962年生まれ。福岡県出身。85年慶応義塾大法学部卒、ソニー入社。90年ソニーヨーロッパインターナショナルで東欧ビジネスの立ち上げを担当。94年AVカンパニー国内営業本部企画部、本社経営企画管理部、社長室などを経て、2003年ソニー・エレクトロニクス・インク(米国)でセールス、05年ソニー直営店舗・e-Commerceスタイル、09年ホームディビジョン各部でシニアバイスプレジデントを歴任。10年より現職。

石島(筆者) 「東京ゲームショウ2011」では、一般公開日だけでなくビジネスデイにも「PS Vita」の試遊台に大行列ができていました。そして、今月15日に始まったPS Vitaの予約も、ネット上や実店舗でそれぞれ大変な人気だったそうですね。この状況から、PS Vitaがいかに業界内外で高い期待と評価を集めているかがわかります。

河野 東京ゲームショウでは、PS Vitaをなるべくたくさんの方に遊んでいただけるよう、最大限ご用意させていただきましたが、すべての方に十分に遊んでいただけなかったことは、大変心苦しく思っています。

 また一方では、PS Vitaに対する熱い期待感を会場や予約開始日に感じることもできました。皆様のご期待にお応えすべく、全力を尽くしていきたいと思っています。

 私たちは、PS Vitaのコンセプトメイクをするにあたり、業界を代表するゲームクリエイターの皆さんに「ゲームを作りたい」と思っていただけるようなマシンでないとダメだと考えていました。といいますのも、彼らのモチベーションを高く保てるようなものでないと、ゲーム産業の発展に貢献できないと考えていたからです。

 その結果、コナミの小島秀夫監督(代表作『メタルギア』シリーズ)をはじめ、すばらしいクリエイターの皆さんから高い評価をいただけたことは、大変心強く思っています。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック

石島照代 [ジャーナリスト]

1972年生まれ。早稲田大学教育学部教育心理学専修を経て、東京大学大学院教育学研究科修士課程在籍中。1999年からゲーム業界ウォッチャーとしての活動を始める。著書に『ゲーム業界の歩き方』(ダイヤモンド社刊)。「コンテンツの配信元もユーザーも、社会的にサステナブルである方法」を検討するために、ゲーム業界サイドだけでなく、ユーザー育成に関わる、教育と社会的養護(児童福祉)の視点からの取材も行う。Photo by 岡村夏林

 


コンテンツ業界キャッチアップ

ゲームソフトをゲーム専用機だけで遊ぶ時代は終わった。ゲーム機を飛び出し、“コンテンツ”のひとつとしてゲームソフトがあらゆる端末で活躍する時代の、デジタルエンターテインメントコンテンツビジネスの行方を追う。

「コンテンツ業界キャッチアップ」

⇒バックナンバー一覧