筆者のように外資系企業に勤務して、さまざまな国のビジネスマンから構成されるグローバルプロジェクトに参加してみると、自分が先入観で持っていた各国の国民性というものをいい意味で裏切る人柄を持つ人物と触れ合う機会がある。今回はそうしたエピソードをいくつかご紹介したい。(アクセンチュア マネジング・ディレクター 中野豊明)

 大昔のアメリカのドラマや風刺漫画に登場する日本人といえば、眼鏡をかけて首からカメラをぶら下げ、切れ長の一重瞼で前歯が出ている。本当に昔、日本人はアメリカ人からそんな風に思われていたのか、実際のところ私自身は分からない。もしかしたら日本人が作り上げた「アメリカ人から見た日本人」のイメージなのでは、と思うほどだ。

 一方、日本人が持つアメリカやイギリスなど各国の人柄に関するイメージもどうしてもステレオタイプになりがちだ。当たり前の話だが、アメリカ人の全てがトランプ大統領のような人物であるはずがないし、イギリス人がみんなハリー・ポッターではない。

業務命令に忠実で
モーレツ社員のアメリカ人

 日本でのプロジェクトだが、ほとんどの上司がアメリカやイギリスなど世界各国から集まってきたプロジェクトに私が参画した時の話である。

 この中のアメリカ人の2人はアメリカの組織でも上下関係にあり、上司の方はこのプロジェクト全体のリーダーでもあった。部下は、私の目から見れば、いわゆる「陽気なアメリカ人」だったが、彼はアメリカ人の上司に限らず、自分より上のクラスの人からの指示に対して絶対に「ノー」とは言わず、忠実に指示に従って実行していた。

 想像がつくと思うが、世界各地から上司となるメンバーが集まっているプロジェクトでは、方向性が定まらないことが度々ある。