ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

いよいよ“スマホ戦国時代”の勢力図が変わり始めた!
市場トレンドが示唆する「10年後に笑う勝ち組」の条件

梅田カズヒコ [編集・ライター/プレスラボ代表取締役]
2011年10月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

不況から抜け出せない日本において、今や数少ない成長市場と言えるスマートフォン。ありとあらゆる企業が「スマホ旋風」に乗って利益を伸ばそうと、試行錯誤を続けている。しかし、ここにきて、市場は早くも激戦状態に入りつつある。「iPhone」の生みの親・スティーブ・ジョブズの死は、「スマホ戦国時代」の幕開けを告げたとも言えるだろう。日本企業は勝ち残ることができるだろうか。そして、来るべき時代の覇者は? 「OS」と「端末」の最新トレンドを見ながら、その未来を占ってみよう。(取材・文/プレスラボ・梅田カズヒコ)

ジョブズ追悼ムードから追撃色へ
いよいよ本格化する「スマホ戦国時代」

 2011年10月5日、サンフランシスコの郊外で生涯を終えた男の話題が、世界中を駆け巡った。成功者にしては珍しい紆余曲折の人生、早すぎる死、偏屈な性格……。確かにどれをとってもユニークなエピソードに溢れていた、米アップル社の前CEO・スティーブ・ジョブズの訃報である。

 個人的な感覚では、日本国内でこれほど大きく報道された海外セレブの訃報は、マイケル・ジャクソン以来だったように思う。

 その偉大なる巨星・ジョブズが生涯のなかで生み出したもので、最も大きな存在が「iPhone」だろう。アップル社の時価総額を一時でも世界一へと押し上げたのは、片手にすっぽりと収まるこのスマートフォンの開発によるものだった。これまで重厚長大産業がイニシアティブをとっていたなかで、かつてのどの企業よりもスマートさを追求した「No.1商品」を世に送り出したのだ。

 ジョブズの革新的なアイディアにより、急発展を遂げたスマホ市場ではあるが、それがアップルの独占市場ではないことは言うまでもない。次々に新商品を投入するメーカーや、彼らとの提携を通じて覇権を狙う通信キャリアが入り乱れ、今や「スマホ戦国時代」の様相を呈している。

 カリスマ亡き後、早々と「追悼ムード」から脱した競合他社は、求心力が低下したアップルを追い落とそうと追撃色を強めている。そのなかで、アップルがこれまで通り「スマホ市場の王者」に君臨し続けられる保証はどこにもない。これから5年後、10年後の勢力図は、様変わりしている可能性もある。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

梅田カズヒコ [編集・ライター/プレスラボ代表取締役]

ロスジェネ世代(1981年生)の編集・ライター。フリーライター、編集プロダクション勤務を経て2008年より株式会社プレスラボを起ち上げる。著書に『エレベスト』(戎光祥出版)。web上のニュースサイト「下北沢経済新聞」編集長。「GetNavi」(学研)誌上で『コンビニ研究室』連載中。他に「日経トレンディネット」「COBS ONLINE」「R25」「サイゾー」など主にネット媒体で執筆中。起業したのは旺盛な独立心と言うよりも、むしろサラリーマンの職場における煩わしい人間関係から逃げるため。
ツイッター:@umeda_kazuhiko


News&Analysis

刻々と動く、国内外の経済動向・業界情報・政治や時事など、注目のテーマを徹底取材し、独自に分析。内外のネットワークを駆使し、「今」を伝えるニュース&解説コーナー。

「News&Analysis」

⇒バックナンバー一覧