日本人の名字には、「東西南北」の字が付くものが多い。それは、あなたの実家や先祖が昔どんな状況だったかを知る手掛かりになる

「本家」と「分家」の違い?
東西南北がつく名字の由来とは

 日本人の名字には、東西南北の付くものが多い。ただし、実は方角によってその数にはかなり違いがある。まず、「東」「西」「南」「北」という方角一字のみの名字について見てみると、全国の順位は次のようになっている。

・東    239位
・西    226位
・南    189位
・北    800位

(注)東は「ひがし」のみで「あずま」は含まない

 こうした方角一字のみの名字は、武家や有力農民で本家から分家した一族が、本家のどちら側に家を構えたかに由来していることが多い。

 本家の屋敷は、日当たりのいい南側を向いていることが多い。したがって、両脇に分家すれば「東」か「西」で、向かい側に分家すれば「南」となる。しかし北側に分家すると本家の裏手に住むことになり、そうしたケースはあまり多くなかった。そのため、「東」「西」「南」に比べて、「北」だけが少ないのだ。

 また、あまりいいイメージがない「北」を、縁起のいい漢字を使った「喜多」に変えた家も多いというのも理由の1つだ。