ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
職あれば食あり

猛烈な早食いだけが生き残れる過酷な世界!?
24時間戦い続ける新聞記者の“軍隊的食生活”とは

まがぬまみえ
【第22回】 2011年11月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 人生のなかで、思い出すのが辛い時期というものがある。野村良子さん(仮名)の場合、入社1年目がそれにあたる。

 「1日10回くらいは辞めたいと思っていました」

 「……わかります」

 「キャップが怖くて」

 「それもよーくわかります」

 「生理だって、止まっちゃいましたからね」

 「ああ、あります、あります」

 なんだか、いつもと調子が違う。それもそのはず、野村さんは全国紙の記者なのである。

優雅なランチなど夢のまた夢
猛スピードが基本の新聞記者の食事

 新聞記者という職業について書くのは、かなり気が重い作業である。自分自身の恥ずかしくもなさけない体験と、どうしても向き合わなければならなくなるからだ。

 筆者が某経済新聞社に入社したのは1993年のこと。すでにバブルははじけていたとはいえ、今と比べれば景気も良く、牧歌的な時代だった。

 政治・経済の中枢に触れることもなく、もっぱら家庭面や夕刊、日曜版に載る記事ばかりを書いてきた。スクープとは無縁で、これといって胸を張れるような記事を書いた記憶はなく、むしろ、怒られた思い出ばかりが鮮明に残っている。

 なかでも、1年目は悲惨であった。

 「おい、今日はなにか書けるネタはないのか?」

 夕方になると、翌日の朝刊に向けた出稿予定をデスクに知らせるため、キャップが聞いてくる。

 「ありません……」

 「お前は今日1日、なにを取材していたんだ?」

 「……すみません」

 締切が迫るといつも憂鬱になり、逃げ出してしまいたいような気分になった。

 「もっと勉強して来い!」

 あまりにモノを知らなくて、取材先にまで怒鳴られたり、あきれられたりしたことも、1度や2度ではなかったと思う。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


職あれば食あり

人は食べるために働くのか、それとも、働くから食べなければならなくなるのか。そんな素朴な疑問を解き明かすべく、さまざまな職業に従事する人々のランチと人生を追いかける。「職」と「食」の切っても切れない関係を解きほぐす、お仕事紹介ルポ。

「職あれば食あり」

⇒バックナンバー一覧