要職を歴任した西室泰三氏は、2016年3月に体調を崩し、日本郵政の社長を退いていた Photo:REUTERS/アフロ

 東芝や日本郵政の社長などを歴任した大物財界人、西室泰三氏が10月14日に死去していたことが分かった。81歳だった。

 その財界人生の大部分は、自身の出身企業である東芝をはじめ、日本を代表する企業や公職などの重役ポストを総なめにするなど、まばゆい「光」に包まれていた。

 1996年、8人抜きの大抜てきで東芝の社長に就任。99年3月期には139億円の最終赤字に陥るなど業績こそ振るわなかったが、経営の監督と執行を分離する今日的なコーポレートガバナンス(企業統治)改革を20年以上前に断行した。その後、2000年に会長となり、05年には相談役に退く。

 また、同年に東京証券取引所の会長に就任。13年には日本郵政社長に転じ、郵政の子会社であるゆうちょ銀行、かんぽ生命保険との3社同時上場にこぎ着けた。

 財界や公職のポストも、01年から経済団体連合会(現日本経済団体連合会、経団連)の副会長を務め、内閣府の地方分権改革推進会議の議長、財務省の財政制度等審議会の会長などの要職も歴任した。