『アルフレッド・アドラー 一瞬で自分が変わる100の言葉』がダイヤモンド社から発売されたことを記念して、20万部突破の第一弾『アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉』を特別公開します。アドラーの厳しくもあたたかい言葉に、あなたも勇気づけられてください。

子供は親が貼ったレッテルに対して過剰に応えようとする

「この子はとても責任感が強いのよ」。

 母親にそう言われて育った子供は親の期待に応えようと「責任感を強くもたなくては」と自分を駆り立てます。そして、これまで以上により一層「責任感を発揮」することがあります。親が貼ったレッテルに応えようとするのです。それは「責任感が強い」といったポジティブなレッテルだけではなく、「甘えん坊」「おてんば」「恥ずかしがり」といったレッテルに対しても同様です。

 子供は、親からの期待やレッテルに応えようと努力します。親の期待に背いたら、見捨てられてしまうかもしれない、と考えるからです。また、親が貼ったレッテルを演じることで、周囲から注目されたり笑いを集めたりできるため、積極的に応えることもあります。どちらにせよ、子供は親からの期待やレッテルに応えようと懸命に努力をするのです。

 しかし、それが行き過ぎると逆効果になることがあります。「これ以上責任を負わされてはかなわない」と思い、逆に無責任な行動を取ることがあります。また、「いい子」であることに疲れてしまい、逆に「悪い子」になることもあります。

 これらは、親の期待とは逆の結果であるため、親は「期待を裏切られた」と思います。しかし、子供がこれらの行動を取るのは親の期待が原因である場合もあるのです。このように、子供の性格形成に親からの期待やレッテルは影響を与えるのです。

アルフレッド・アドラー Alfred Adler(1870年-1937年)
オーストリア出身の精神科医、心理学者、社会理論家。フロイト、ユングと並んで現代のパーソナリティ理論や心理療法を確立した1人。個人心理学(アドラー心理学)を創始し、『7つの習慣』のコヴィー博士、カーネギーらに影響を与えた。「自己啓発」の源流である。

※本連載は日曜日以外の毎日更新します。