ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
あなたの会社は大丈夫? 「タダ乗り社員」を生む職場

コーチングアワセルヴス創始者も悩んだ「最悪の職場」
気鋭のコンサルを目覚めさせたミンツバーグの経営論

河合太介 [(株)道(タオ)代表取締役社長],渡部 幹 [モナッシュ大学マレーシア校 スクールオブビジネス ニューロビジネス分野 准教授]
【第41回】 2011年11月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

ミンツバークの義理の息子・レニール氏と
過ごした有意義な2日間に考えたこと

 先日、フィル・レニール氏にお目にかかり、2日間一緒に過ごす機会を得た。

 フィル・レニール氏の名前を知る人は、まだ多くはないだろう。この40代前半のカナダ人男性は、世界でもユニークなビジネスコンサルティング会社「コーチングアワセルヴス」の創始者であり、かのヘンリー・ミンツバーグの義理の息子である。

 ヘンリー・ミンツバーグは、日本ではまだあまり知られていないものの、アメリカではマイケル・ポーターなどと並び称される著名な経営学者である。現在は、カナダのマギル大学経営学大学院の教授で、著書に『マネージャーの仕事』『MBAが会社を滅ぼす』『戦略サファリ』などがあり、翻訳書も出版されている。

 ミンツバーグの経営論のもっとも特徴的な点は、理論や分析を偏重するマネジメントを批判し、「実践」を重要視する点だ。現場で培われた経験、直観などを重要視し、いわゆるMBA的エグゼクティブによる、意思決定をトップダウンで遂行させるやり方を強く批判している。

 ゆえに、経営学の中では異端児扱いされることが多いが、その影響力は大きい。米国の経営学の教科書には、必ず彼の業績が紹介されていることからもそれがわかる。

 レニール氏は、自身がエンジニアとしてITバブルの頃の米国企業に入社し、その後ミドルマネージャーになった。だが、折悪しくその頃にバブルがはじけ、会社は別の株主に売り渡された。

 新株主は徹底的なコストカットを行なったため、優秀だった同僚たちが冷遇されたあげく、辞めていくのを彼は何度も見る羽目になった。

 むろん、自分も含めて残っている同僚たちの不満も爆発寸前で、景気の良かったときはあれほど楽しかった職場が、まさに「超・不機嫌な職場」になってしまった。鬱になる者や生きる希望をなくしかける者までいた。

 彼自身も、新しい株主が送り込んだ上司から高圧的にコストカットを要請されるなどのストレスに苦しみ、同じように不満を抱えていた。

 そんな折に思い出したのは、彼の母の再婚相手が経営学者ということだ。母が晩年になってからの再婚だったし、レニール氏もすでに自身の家庭を持っていたこともあって、彼自身は母の再婚にはあまり口出しせず、再婚相手とは何度か会話した程度であった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

河合太介 [(株)道(タオ)代表取締役社長]

ワトソンワイアットを経て、「人と組織のマネジメント研究所」(株)道(タオ)を設立。ベストセラーとなった『ニワトリを殺すな』をはじめ、『デビルパワー エンジェルパワー』『育ちのヒント』(共に幻冬舎)など著書多数。慶応丸の内シティーキャンパス客員ファカルティー。

渡部 幹(わたべ・もとき)
[モナッシュ大学マレーシア校 スクールオブビジネス ニューロビジネス分野 准教授]

UCLA社会学研究科Ph.Dコース修了。北海道大学助手、京都大学助教、早稲田大学准教授を経て、現職。実験ゲームや進化シミュレーションを用いて制度・文化の生成と変容を社会心理学・大脳生理学分野の視点から研究しており、それらの研究を活かして企業組織にも様々な問題提起を行なう。現在はニューロビジネスという大脳生理学と経営学の融合プロジェクトのディレクターを務めている。代表的な著書に『不機嫌な職場 なぜ社員同士で協力できないのか』(共著、講談社刊)。その他『ソフトローの基礎理論』(有斐閣刊)、『入門・政経経済学方法論』、『フリーライダー あなたの隣のただのり社員』 (共著、講談社)など多数。


あなたの会社は大丈夫? 「タダ乗り社員」を生む職場

いつになったら報われるのか――。熾烈な競争に晒されたビジネスマンは疲れ切っている。そんな彼らに強い負の感情を抱かせるのが、職場で増殖中の「タダ乗り社員」(フリーライダー)だ。タダ乗り社員が増える背景には、企業の制度やカルチャーが変化し、組織に矛盾が生じている側面もある。放っておいてはいけない。ベストセラー『不機嫌な職場』の著者陣が、タダ乗り社員の実態と彼らへの対処法を徹底解説する。

「あなたの会社は大丈夫? 「タダ乗り社員」を生む職場」

⇒バックナンバー一覧