HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

ストレスフリーな食事健康術 岡田明子

抜けば太る「朝食」習慣作りを、野菜ジュース・コンビニおでんで

岡田明子 [管理栄養士]
【第40回】

20代がピーク
朝食の「欠食」が増加中

 平成28年の国民健康栄養調査(厚生労働省)によると、朝食の欠食は20歳代で最も高く、男性37.4%、女性23.1%でした。また、30代、40代の男女ともに昨年よりも増加しています。ここでの「欠食」とは、食事をしなかった場合、錠剤などによる栄養素の補給や栄養ドリンクのみの場合、菓子・果物・乳製品・嗜好飲料などの食品のみを食べた場合の3つを示しています。

 前日の夕食が遅かったために朝は食欲が湧かない、少しでも長く寝ていたい、など朝食を欠食する理由は簡単に挙げられます。また、朝食の量は昼食や夕食に比べて少ないイメージがあるので、省略して昼食や夕食を沢山食べれば大丈夫、などと考える人もいるでしょう。

 しかし、朝の時間に食事を摂ることは体のリズムを整える上で欠かせないことです。今回は「朝食」をテーマにその効果や朝食を食べる習慣の作り方をご説明します。

 まずは朝食を食べることによる4つのメリットをご紹介しましょう。1つ目は、体内時計をリセットするということです。

 私たちの体の中には、1日のリズムや季節の変化などに対応するための「体内時計」が備わっています。人間の体内時計は朝食を食べたり、朝日を浴びることで24時間に調整されることが分かっています。

 つまり朝食を食べることで体内時計がリセットされて1日を活動的に過ごすことができ、それが質のよい睡眠につながります。そしてまた翌朝スッキリ目覚めることができるというわけです。

 2つ目は体温上昇に関わることです。

 人間の体温は活動時間である昼間に高くなり、休息時間である夜に低くなるのが通常です。しかし、朝食を抜いてしまうと必要なエネルギーが補給できず、体温が上昇しにくくなってしまいます。体温が上がらなければ、代謝も低下し痩せにくい体にもつながってしまいます。

 朝食を抜くと1日の摂取エネルギーが減り痩せると思っている人も少なくありませんが、朝食を抜くことは逆に痩せにくい体になることを覚えておきましょう。

1 2 3 4 >>
関連記事
このページの上へ

岡田明子 [管理栄養士]

同志社女子大学管理栄養士専攻卒業後、高齢者施設に勤務し、利用者の食事管理を行う。その後ダイエットサプリメント会社の立ち上げに関わり、自身の13kgのダイエット成功経験をいかして「食べてキレイに痩せる」ダイエットメソッドを確立。その後、独立しヘルスケア関連を中心にレシピ監修や商品開発、講演や執筆活動、テレビなどのメディア出演などを精力的に務めるほか、個人への食事サポートも行い、ダイエットなどに悩む方への個々の生活習慣に合わせた的確な指導に定評がある。食事アドバイスサポート実績は延べ1万人に及ぶ。2014年一般社団法人NS Labo(栄養サポート研究所)を設立し、栄養士、管理栄養士をサービスパートナーとして、健康事業のサポートとヘルスケア分野で活躍できる人材育成を行っている。著書に『朝だから効く!ダイエットジュース』(池田書店)がある。ブログはこちらから。


ストレスフリーな食事健康術 岡田明子

健康になるためには食事が大切。でも、健康的な食事=おいしくない、量が少ない、味が薄い…。そう思い込んでストレスになっている人も少なくないはず。この連載では、そんなイメージを脱するような健康になれるのに我慢しなくていい、ストレスフリーな食事術を紹介。1万通り以上の食事パターンを分析し、何千人もの方のダイエットサポート実績がある管理栄養士の岡田明子さんがお教えします!

「ストレスフリーな食事健康術 岡田明子」

⇒バックナンバー一覧