ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
外資系トップの英語力
【第1回】 2011年11月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
上阪 徹 [ライター],ISSコンサルティング [編者]

第1回
外資系トップの英語勉強法
勉強の極意。
それは好きなものをあきらめて集中すること

1
nextpage

世界で認められた外資系トップは、どうやって英語をものにし、グローバルな仕事を行っているのだろうか。その秘訣を10人の外資系企業トップに取材した。経営のプロフェッショナルが語るグローバルコミュニケーション。

 転機になった仕事、というのは誰にでもあるものである。私にとって『外資系トップの仕事力』は、まさにそのひとつだった。“恐れない!あきらめない!奢らない!”“謙虚に向き合い、果敢に挑む!”とは、このシリーズ2冊の帯に書かれた文面だが、外資トップの方々へのキャリアや仕事観をめぐっての取材、そして原稿にまとめていく仕事は、極めて刺激に満ちたものだった。

 それは同じように読者のみなさんにも強くお感じいただけたようである。このシリーズはベストセラーになるだけでなく、「やる気が出た」「元気になれた」「希望がわいた」などの声が、私の耳にもたくさん寄せられるに至った。そしてパート2の刊行から3年、久しぶりにお声がけをいただいた第3弾は、ひとつのテーマが設定されていた。「英語力」である。

 経済のグローバル化への意識はこの数年の間に、かつてないほどに広がった。一部の日本企業では、社内の公用語を英語にすると宣言。これは他社のビジネスパーソンたちにも大きな衝撃を与えることになった。今や語学は、日本企業でキャリアを築いていくにも欠かせないものになりつつある。

 そんな中で、まさに熾烈な国際競争に身を置いているグローバル企業の日本法人トップたちに、英語をどのようにマスターしたか、あるいはグローバルコミュニケーションの本質とはどのようなものなのか、聞きに行く企画。これは面白いと思った。

 実際、10人の外資系トップへのインタビューは、極めて興味深いものとなった。単に英語力を身につけるというだけの話ではない。英語を使うとはどういうことなのか。外国人とコミュニケーションをするとはどういうことか。もっと言えば、グローバルに仕事をするためには何が必要になってくるのか、など、取材は大きな広がりを見せていくことになった。

 詳しくは11月25日に刊行の『外資系トップの英語力』を拝見いただくとして、ここではその一部を、さらには本書には盛り込めなかった内容も含めて、短い分量ではあるが、ご紹介していきたい。第1回目のテーマは「外資系トップの英語勉強法」である。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


上阪 徹 [ライター]

1966年、兵庫県生まれ。89年早稲田大学商学部卒。アパレル メーカーのワールド、リクルート・グループなどを経て、95 年よりフリー。経営、金融、ベンチャー、就職などをテーマに、 雑誌や書籍などで幅広く執筆やインタビューを手がけている。インタビュー集に累計40万部を超えるベストセラーとなった『プロ論。』(B-ing編集部編/徳間書店)シリーズ、『外資系トップの仕事力』(ISSコンサルティング編/ダイヤモンド社)シリーズ、『我らクレイジー★エンジニア主義』(Tech総研編/講談社)、著書に『新しい成功のかたち 楽天物語』(講談社)、『600万人の女性に支持される「クックパッド」というビジネス』(角川SSC新書)、『「カタリバ」という授業』(英治出版)、『書いて生きていく プロ文章論』(ミシマ社)、『預けたお金が問題だった。』(ダイヤモンド社)、『文章は「書く前」に8割決まる』(サンマーク出版)などがある。

ISSコンサルティング [編者]

「外資系転職のISS」として15年以上にわたり築き上げてきた外資系企業との信頼と実績をもとに、ミッドキャリアからエグゼクティブのプロフェッショナル紹介に特化した人材ビジネスを行っている。外資系企業の消費財、IT、金融、コンサルティング、メディカル、製造業等、広い業界をカバーし、紹介職種も、経営幹部、財務・経理、マーケティング、広報、営業、物流・購買、IT技術者、またはMBA・CPA取得者や海外でキャリアを積んだスペシャリストに至るまで、幅広い人材の紹介を行っている。


外資系トップの英語力

世界で認められた外資系トップは、どうやって英語をものにし、グローバルな仕事を行っているのだろうか。その秘訣を10人の外資系企業トップに取材した。経営のプロフェッショナルが語るグローバルコミュニケーション。

「外資系トップの英語力」

⇒バックナンバー一覧