99%の人間関係は『9code(ナインコード)』で解決できる!
経営コンサルタントである著者が、歴史上の偉人から有名タレント、経営者まで、世界最古の『易経』をベースに、運命学、帝王学などを交え、1万人のサンプリングを体系化。「水の一白」「大地の二黒」「雷の三碧」「風の四緑」「ガイアの五黄」「天の六白」「湖の七赤」「山の八白」「火の九紫」など、歴史上の偉人から有名人まで、人間は9タイプしかいない。「本当の自分」がわかり「人間関係」の悩みが解消するという『“強運を呼ぶ”9code(ナインコード)占い』が発売たちまち第4刷となった。
『9code(ナインコード)』とは一体どんなものか?2034年までの幸運バイオリズムが一目でわかるという著者にこっそり語ってもらった(文中敬称略)。

「9code」(ナインコード)で
未来を予想できる!?

 さて、今年も終わりが近づいてまいりました。
 年末の風物詩としてよく見るのが、1年を振り返り、来年の展望を識者らで語る番組。あなたも一度は見たことがあるのではないでしょうか?

 こういった番組を見ていて、私は常々思うのです。

「『9code』とバイオリズムの概念を使えば、もっと大きな規模で未来予想ができるのに……」と。

「えっ!『9code』は未来も予想できるの!?」

 と思う方もいるでしょうが、実は、しっかりとした統計に基づくデータより、ある程度の展望は見抜くことができます。

 これは本書(『“強運を呼ぶ”9code(ナインコード)占い』)では触れていなかった部分かもしれません。

 ここまで読んでくださった読者の方は「9code」(ナインコード)についての基本的な知識は身についたと思います。

 その認識も踏まえて(これまで読んでくださったことへの感謝の意も込めて)、「9code」(ナインコード)を使っての信頼性バッチリな「未来予想図」の描き方を、あなたにこっそりお教えしたいと思います。

「9code」(ナインコード)を活用すれば、来年どころか、9年先まで統計に沿った実績十分の「未来予想図」が手に入るのです。

 この先、日本に控えた“ビッグイベント”といえば何でしょうか?

 そうです!2020年の東京オリンピックです!

 2018年、2019年、2020年の約半年。東京オリンピックまで2年半しかありません。この東京オリンピックまでの2年半で、日本の経済・政治・トレンドは大きく変化していきます。
 その“変化”をしっかりと見抜き、自分のビジネスに時代に合った活用をしていくことこそが、豊かな人生に直結するはずです。

 ぜひ、本連載にて、9code式「未来予想図」の描き方を学んでください。