ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
公認会計士・高田直芳 大不況に克つサバイバル経営戦略

今年の冬はブームを作れるか?
ユニクロの死角を再び問う

高田直芳 [公認会計士]
【第72回】 2011年12月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

カリスマ経営者・柳内正氏が率いる
ファーストリテイリングを徹底解剖

 筆者の場合、一代で事業の礎を築き上げた経営者との付き合いが多い。強烈な個性に閉口してしまうことが多いのだが(と、さらりと書いておく)、希代の名経営者ばかりであることもまた確かだ(と弁明しておく)。

 経営者のタイプは各人各様でも、みな同じ悩みを抱えている。自分の亡き後、会社はちゃんと回るのか、ということだ。残念ながら、名経営者であればあるほど、願いはかなえられない。引退した後も、存命の間は、彼への依存が消えないからである。

 そこで、ある経営者は考えた。「自分がこの世からいなくなる」そんな疑似環境を作り出せないものかと。筆者は答えた。「階段を下りるときに、貧血を起こしたフリをして、『階段落ち』でもしたらどうですか」と。いまだ試した人はいない。試されても困る話だが。

 さて、今回取り上げるのは、ユニクロ事業を展開するファーストリテイリング(以下・ファストリ)である。第34回コラム(キリンビール&アサヒビール編)において、原価計算に絡めた話でファストリを取り上げた。本格的に取り上げるのは、第7回コラム以来、2年半ぶりである。

 ファストリは、第37回コラムのソフトバンクや第54回コラムの日本電産などと同様、カリスマ性を持った名経営者の存在で知られる。有価証券報告書の「事業等のリスク」を参照すると次の記述がある。

 名経営者が、企業の業績にどれだけの影響を及ぼすのかは、実際にそういう事態を迎えないことには推し量りようがない。「現状はどうなのか」や「向こう3ヵ月先はどうなのか」といったことを淡々と解析してみよう。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

高田直芳 [公認会計士]

1959年生まれ。栃木県在住。都市銀行勤務を経て92年に公認会計士2次試験合格。09年12月〜13年10月まで公認会計士試験委員(原価計算&管理会計論担当)。「高田直芳の実践会計講座」シリーズをはじめ、経営分析や管理会計に関する著書多数。ホームページ「会計雑学講座」では原価計算ソフトの無償公開を行なう。

------------ファイナンスの基礎知識が満載!------------
  ★高田直芳ホームページ『会計雑学講座』


公認会計士・高田直芳 大不況に克つサバイバル経営戦略

大不況により、減収減益や倒産に直面する企業が急増しています。この連載では、あらゆる業界の上場企業を例にとり、どこにもないファイナンス分析の手法を用いて、苦境を克服するための経営戦略を徹底解説します。

「公認会計士・高田直芳 大不況に克つサバイバル経営戦略」

⇒バックナンバー一覧