ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
「ロス婚」漂流記~なぜ結婚に夢も希望も持てないのか?

誰かと恋愛はしたいけど、付き合うのはイヤ!?
“嫌交際”男女の「譲れないポリシー」が迷走する背景

宮崎智之 [フリーライター]
【第20回】 2011年12月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 今年も残すところ1ヵ月を切った。ユーキャン新語・流行語大賞のトップテン入りは逃したものの、連載第17回で予言した通りに「年の差婚」が候補語にノミネートされるなど、震災による不安によって未婚者の結婚願望が高まったと言われた1年だった。

 まさに激動の1年だっただけに、読者も2011年という年に様々な思いを馳せていることだろう。

 そんな折に発表され、話題となっているのが国立社会保障・人口問題研究所の「第14回出生動向基本調査」だ。当連載でも度々引用しているお馴染みの調査だが、この度5年ぶりに最新のデータが公表された。

 この調査には、「夫婦調査」と「独身者調査」の2種類があるが、特に注目を浴びたのは「独身者調査」における交際相手の有無を聞いた調査結果だろう。「交際している異性はいない」と答えた人が、男女とも1987年以降でダントツの最高水準となったのだ。

 また、「一生結婚するつもりはない」と答えた男性は9.4%、女性も6.8%いる。1987年の調査では、男女いずれも4.5%ほどだったことを考えれば、驚異的に増加していると言えよう。なぜ、交際相手がいない男女が増えているのだろうか。巷の声を拾ってみた。

「恋愛は面倒くさい」派が急増
異性との交際を望まない男性が3割に?

 まずは調査結果から見ていこう。

 18歳~34歳の男性のうち、「交際している相手はいない」と答えたのは61.4%、女性は49.5%に上り、1987年以来、最も高い数字となった。さらに、「とくに異性との交際を望んでいない」と回答した男性は27.6%、女性も22.6%いることがわかっている。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

宮崎智之 [フリーライター]

フリーライター。1982年3月生まれ。地域紙記者を経て、編集プロダクション「プレスラボ」に勤務後、独立。男女問題や社会問題、インターネット、カルチャーなどについて執筆。
ツイッターは@miyazakid
 

 


「ロス婚」漂流記~なぜ結婚に夢も希望も持てないのか?

日本は「結婚受難」の時代に突入した。街やオフィスには、「出会いがない」と焦る独身者や「結婚に疲れ果てた」と嘆く既婚者が溢れている。一昔前の日本人なら誰しも得られた「結婚」という当たり前の幸せを、得ることができない。夢や希望を失った「ロス婚」(ロスコン)な人々が増殖する背景には、いったい何があるのか? 婚活や結婚生活に悩みを抱える人々の姿を通じて、「日本人の結婚」をいま一度問い直してみよう。

「「ロス婚」漂流記~なぜ結婚に夢も希望も持てないのか?」

⇒バックナンバー一覧